新婚第一年
ホーム > 作品情報 > 映画「新婚第一年」
メニュー

新婚第一年

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

フランク・クレイヴン氏作の舞台劇を映画化したもので、「なまけ者」「秘密」等と同じくフランセス・マリオン女史が脚色し、フランク・ボーゼージ氏が監督した。主役は「美人食客」「特性鋼鉄人形」等出演のマット・ムーア氏と「当世三人娘」出演のカスリン・ペリー嬢で、ジョン・パトリック氏、フランク・カリアー氏、マーガレット・リビングストン嬢、J・ファーレル・マクドナルド氏等が共演する新婚風刺喜劇である。

ストーリー

トム・タッカーは心に思っていることの半分も口に出しては言えないはにかみ屋だったので、首ったけ惚れ込んだグレース・リビングストンにも胸の思いを打明け兼ねた。ところが彼の恋仇たるディック・ロアリングは厚かましい男でしきりにグレースの機嫌を取ろうとトムを尻目に如才なく立回った。しかしたで食う虫の諺通りトム贔屓のグレースの叔父ドクトル・マイロンは姪の意中を感知してトムを励ましたので思い切ってトムは彼女に結婚を申込んだ。するとドクトルのお眼鏡通りことは運んで2人はお芽出度くなり水も漏らさぬ新婚生活に入った。けれどもトムが貯蓄の全部を投じて土地を買うとグレースは大反対を唱えた。しかし思いがけなくその土地に鉄道が敷設されるとの噂が起ち俄かに地価が暴騰して、トムの買込んだ土地が10万ドルに売れるというのでグレースもひとまず機嫌を直したが、恋に破れたディックがトムの土地には鉄道は通らぬと茶々を入れた。そのため買主は手を引いてしまったのでグレースは亭主を見限って里に戻った。ディックのでたらめが判った買主は改めて12万5000ドルでトムの土地を買ったので、トムは俄分限者となったが愛する女房に去られては余り楽しいものではなかった。グレースの方でも女心の浅はかだったことを悔やんだが今更トムの許へノメノメと帰りも成らず悶々の日を送らねばならなかった。好機御参なれとディックはグレースに言寄ったが肘鉄砲を食らって引下がった。始終の様子を見ていたドクトル・マイロンは己の出場は今ぞとトムとグレースの間を調停して別れた夫婦を元の鞘に納めた。...

作品データ

原題 The First Year
製作年 1926年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

雨[DVD]
雨[DVD]
発売日:2004年9月24日 最安価格: ¥2,646
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi