クマゴローの大冒険 ヨギ・ベア物語
ホーム > 作品情報 > 映画「クマゴローの大冒険 ヨギ・ベア物語」
メニュー

クマゴローの大冒険 ヨギ・ベア物語

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジョセフ・バーベラ、ウォーレン・フォスター、ウィリアム・ハンナの共同脚本を、ウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラが共同で製作・監督した長編漫画映画。TVのシリーズもの「クマゴロー」の映画化。撮影はフランク・パーカー、ロイ・ウェイド、フランク・パリッシュ、ノーマン・スタインベック、チャールズ・フリーカル、テッド・ベミラー、ビル・コトラー、音楽はマーティ・ペイチが担当した。なお、レイ・ギルバート、ダグ・グッドウィン作詞、マーティン・ペイチ作曲のオリジナル・ソング6曲が挿入されている。日本語版の出演は滝口順平、服部宏子、栗幸子、筈見紀ほか。

ストーリー

ジェリーストーン国立公園に春がきた。公園監視課長スミスの悩みは、いたずらもののクマゴローである。クマゴローは恋人シンディ、親友のブー・ブーをさそっていたずらに余念がない。ある日、クマゴローは地方の動物園に送られることになった。ずるがしこいクマゴローのこと、さっそく替え玉を送り込み、自分は公園の中にかくれていたずらを続けていた。そうとは知らずシンディはクマゴローを追ったが、途中、サーカスの一座に入れられてしまった。シンディがいなくなったのを知ったクマゴローはブー・ブーをさそい、彼女を求めて冒険の旅にでた。ダンプカーからトラック、そして旅客機へと乗りつぎ、ついにシンディを助けだした。彼らはジェリーストーンに向かって出発したが、着いたところはなんと大都会ニューヨークだった。野次馬が集まり、パトカーやテレビ中継車とニューヨークは大騒ぎ。そうと知った国立公園のスミス課長がとんできたので、騒ぎはやっとおさまった。3頭のクマは懐しいジェリーストーン公園に帰っていった。...

作品データ

原題 Hey There, it's Yogi Bear
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「クマゴローの大冒険 ヨギ・ベア物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi