曲者待った
ホーム > 作品情報 > 映画「曲者待った」
メニュー

曲者待った

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジョージ・V・ホバート氏作の舞台劇を映画化したもので、ディック・スミス氏が映画用に改作し、ハリー・O・ホイト氏がそれに基づき台本を執筆し「大学生活」と同じくナット・ロス氏によって監督せられた。主役は「恋と拳闘」出演のアーサー・レイク氏と、「私のパパさん」「翼の輝き」出演のバーバラ・ケント嬢、との2人で、これを助けてエディ・グリッボン氏、ワーナー・リッチモンド氏、ウォルター・マッグレイル氏、故ジョージ・シーグマン氏、等が出演する。

ストーリー

トミー・オブライエンは兄貴のビルやジムと同じように警官になりたいとかねがね夢想していた。が、ある時、彼は、兄貴ビルの警官の制服を仕立て屋まで持っていく役をいいつけられたので、この時とばかりにその制服を着用におよび、あっぱれ警官気取りで歩いていた。すると、一人の乙女が救いを求めている。すは、と彼は駆けつける。が、この時、彼は己のために窓をよじのぼってくれた男が、鍵のかかったドアを開けようとしていたので、それを手伝ってやった。ところが、この男というのは、「スリッパリー・ディック」と異名をとった有名な盗賊シルヴェインであったとは、神ならぬトミー、さらに気付かなかった。その上に彼は窓をよじ登る際に制服の徽章を失ってしまった。警官がこの家に盗難あったと聞いてやってくるとビルの徽章が落ちている。で、警官はビルを拘引した。トミーは救った乙女ミュリエルをわが家へ連れて帰ったので、兄貴達は驚いた。その後、トミーは己のしたことを警察署で自白したので、兄貴達は怒って彼を家から追い出した。ミュリエルもトミーに出られると淋しいので家を自ら出て行った。これにすっかり元気を失ってしまったトミーは死にたくなり「ブッチ」バーカーという凄い男に10ドルやって自分を殺してもらうことにする。が、兄貴達が自分を探しに来、ミュリエルも再び帰ってきたのでトミーはまた生きたくなり、バーカーの追跡から逃げ廻っていると偶然、スリッパリー・ディックにめぐり合い、大格闘の末に、これを取り押さえた。バーカーも来あわせ、トミーに10ドル返した。彼のいいぐさがいい。彼は新たに信仰を得たのだという。...

作品データ

原題 Stop That Man!
製作年 1928年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi