クール・アズ・アイス
ホーム > 作品情報 > 映画「クール・アズ・アイス」
メニュー

クール・アズ・アイス

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

デビュー後わずか1年で項点に立ち、ラップ界の貴公子と呼ばれるスーパー・スター、ヴァニラ・アイスの映画主演デビュー作。監督は本作がデビュー作のデイヴィッド・ケロッグ。製作は「八月の鯨」のキャロライン・ファイファーとライオネル・ウィグラム、エグゼクティヴ・プロデューサーはチャールズ・コッペルマン、マーティン・バンディアー、「八月の鯨」のシェップ・ゴードン、脚本はデイヴィッド・ステン、撮影は「レイン・キラー」のヤヌス・カミンスキーが担当。尚、主演のヴァニラ・アイスは本作のため数曲のラップ・ミュージックを作曲、歌っている。

ストーリー

ジョニー(ヴァニラ・アイス)はバイクツーリングの途中、美女キャシー(クリスティン・ミンター)に一目惚れする。彼女には恋人ニック(ジョン・ハイアムズ・ニュートン)がいたが、おかまいなしでジョニーはキャシーを口説いてしまう。全く相手にされないジョニーだったが、ある夜のライブハウスでラップを披露、ついにキャシーのハートを捕える。その頃、キャシーの父ゴードン(マイケル・グロス)は、20年前に巻き込まれた事件で服役していた犯人から嫌がらせを受けていた。ジョニーは、ゴードンに犯人の一味と思われ、キャシーと引き離されてまう。そんな時、キャシーの弟トミー(ヴィクター・ディマティア)が誘拐された。犯人から送られた脅迫テープの背後の音から、ジョニーは監禁場所をつきとめ、仲間とともに郊外の倉庫に向かう。危いところでジョニーとキャシーは弟を無事に救出し、両親のもとに帰ったのだった。...

作品データ

原題 Cool as Ice
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル=UIP

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi