キング・オブ・ジャズ
ホーム > 作品情報 > 映画「キング・オブ・ジャズ」
メニュー

キング・オブ・ジャズ

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

米国ジャズ・ミュージック界の大立者ポール・ホワイトマンとその率いるバンドを招聘して作ったレヴュー映画で、ジャック・エーレンが作詞し、ミルトン・エーガー氏が作曲したものを基としそれにジョージ・ガーシュウィン、メイベル・ウェイン、ビリー・ローズ、ジェームズ・ディートリッヒ等の作曲を付加し、舞台出の新人ジョン・マレイ・アンダーソンが演出の任に当たった。撮影を担任したのは「ブロードウェイ(1929)」のハル・モーア「仮の塒」のジェローム・アシュ、「放浪の王者(1930)」のレイ・レナハンが舞台方面を指揮しハーマン・ロスがセット及び意匠をデザインしている。主なる出演者はホワイトマン・ジャズ・バンドの人々を始め「リオ・リタ」のジョン・ボールズ、「高等恋愛術」のスタンリー・スミス、ジャネット・ロフ、ヴォードヴィル界の花形ジェニー・ラング、ビリー・ケント、アル・ノーマン、ドン・ローズ、マリオン・スタトラー、その他著名の芸人揃いで、日本語版には特に邦人俳優の駒井哲、山岡アイリスが司会者の役をつとめている。

ストーリー

<第1> ポール・ホワイトマンはいかにしてジャズの王冠を戴いたか。 <第2> ポール・ホワイトマンと氏のジャズバンドのメンバーの紹介。 <第3> 「花嫁のヴェール」Bridal Veilジャネット・ロフ、スタンリー・スミス主演。ラッセル・マーカート舞踊団、ハリウッドビューティーズ、出演。 <第4>「モントレーにて」It Happened in Montreyジョン・ボールズ、ジャネット・ロフ主演。G姉妹、ジョージ・チャイルスファッセル・マーカート舞踊団出演。 <第5>「公園のベンチ」Bench in the Park ジャネット・ロフ、スタンリー・スミス主演。ブロックス姉妹、リズム・ボーイズ、ハリウッド・ビューティーズ出演。 <第6>ホワイトマン・バンドの人気者ウィリー・ホールのヴァイオリン曲弾き。 <第7>「憂鬱狂想曲」Rhapsody in Blues序曲ジャック・カルティエ、ヴー・ドゥー踊。ロイ・ベーグレーピアノ演奏。ラッセル・マーカート舞踊団、G姉妹、ハリウッド・ビューティーズ出演。 <第8>「つづれのロミオ」Ragamuffin Romeoジェニー・ラング、ジョージ・チャイルス二重唱、ドン・ローズ、マリオン・ステトラー曲芸舞踊。 <第9>「ハッピー・フィート」Happy Feetアル・ノーマン、G姉妹、リズム・ボーイズ、ラッセル・マーカート舞踊団出演。 <第10>「黎明の歌」Song of the Daw ジョン・ボールズ主演。カウボーイ合唱。 <第11>「メルティング・ポット」Melting Pot ジャネット・ロフ、ジョージ・チャイルス、ラッセル・マーカート舞踊団、ハリウッド・ビューティーズ、トミー・アトキンス六重唱団及びネル・オデイ、アル・ノーマンその他全員登場。 以上を通じてホワイトマン・バンドが演奏していることは断るまでもなかろう。...

作品データ

原題 King of Jazz
製作年 1930年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第3回 アカデミー賞(1930年)

受賞
美術賞  

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi