気まぐれ女優
ホーム > 作品情報 > 映画「気まぐれ女優」
メニュー

気まぐれ女優

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「乙女よ純なれ」「万事円満」に次ぐコリーン・ムーア嬢主演映画でフレデリック・ハットン氏、ファニー・ハットン女史合作の舞台劇を「野球成金」「弥次喜多消防の巻」と同じくトム・ジェラティー氏が脚色し「乙女よ純なれ」「独身者御発展」のウィリアム・サイター氏が監督したもの。相手役は「あこがれ」「桃色女白浪」のアントニオ・ニオ・モレノ氏が勤め、「情炎の美姫」「断想悲曲」のモンタギュー・ラヴ氏、「狂言成金」「猫とカナリヤ」のガートルード・アスター嬢、「娘新旧両面鏡」のキャスリン・マッガイア嬢、エディス・チャップマン嬢等が助演している。

ストーリー

7年前にニューヨークへ勉強に行ったドナルド・アンソニーが一人前の新進劇作家として錦を飾って故郷なるヴァージニア州マグノリア・ギャップへ帰って来たので町の人々は大歓迎をした。停車場へ出迎えに行った大勢の町民の中にはフェアファックス夫人と2人の娘ベティーとマージョリーも混っていた。なかんずく演劇狂いのベティーは大喜びであった。その晩にはドナルドはフェアファックス夫人邸の晩餐会に招かれたが、席上ベティーは大はしゃぎにはしゃいで見せてドナルドを楽しませた。その翌晩はフェアファックス夫人は更に音楽舞踏会を開いてドナルドを招待した。ベティーは黒人の女に扮して滑稽踊をして見せた。ドナルドは彼女の無邪気な美しさに心をひかれて結婚を申し込む。ベティーはかねてから舞台に出て見たくて堪らず、ドナルドの帰省を絶好のチャンスと思っていたので、彼の新しく書きおろした戯曲の主役を振ってくれれば結婚すると約束した。かくてベティーは天にも昇らん思いで舞台に立ったのであるが大失敗であった。彼女は余りに純すぎ余りに世間を知らな過ぎて劇中の人物になり切れなかったのである。彼女はそれではと決心しニューヨークへ世間を勉強するために誰にも黙って出掛けた。ところが彼女が訪ねて行ったのは怪し気な区域だったのでドナルドは驚いて後から追って行った。ベティーは変な下宿屋に落ついて同宿の者たちと騒いでいたが、ドナルドが宿の主人と話をしているのを立聞きした。夜更けに悪漢の1団が凶器を手にして押込んで来た時彼女は僞強盗と思込んで大乱闘が始っても平然としていた。結局ベティーもドナルドも助かったが彼女はすっかり閉口して芝居熱も何も冷めて了った。それでその後ドナルドが彼女にまた1役振ろうかと言った時自分に1番相応わしい役割は「ドナルドの妻」であると答えた。...

作品データ

原題 Synthetic Sin
製作年 1929年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi