絹の足
ホーム > 作品情報 > 映画「絹の足」
メニュー

絹の足

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「踵の魅惑」「水陸狂走楽」等と同じくマッチ・ベラミー嬢の主演する映画で、「令嬢無銭旅行」「吃驚仰天」等と同じくアーサー・ロッスン氏が監督している。原作はフレデリカ・サガー女史の手になったもので、フランセス・エイニュー女史が脚色している。ベラミー嬢の相手役は「オール持つ手に」「娘十八泳げや泳げ」等出演のジェームズ・ホール氏で、「水陸狂走楽」出演のジョセフ・カウソーン氏やモード・フルトン嬢、マーガレット・セドン夫人などが助演する。

ストーリー

アトランティック・シティーの海水浴場に現れた美人ルス・スティブンスは、避暑に来ている男性の注意を一身に集めていた。ルスはブルウ・リボン靴下会社の外交員であったが、彼女が取った大口の注文が破約されて、競争会社なるゴールド・ポンドに横取りされた事を知った。ルスにうるさく言い寄ってきたフィル・バアカーという青年こそ、そのゴールド・ポンド会社の外交員なのであったが、これを知ったルスは今度こそは相手の鼻を明かしてやろうと、フルトン通信販売会社へ注文を取りに出かけて行った。フィルは彼女恋しさと、商売意識とからフルトン会社へ急行し、買入部長のメリーと云う老嬢を得意の弁舌でたらし込み、ほとんど成功しようとした。そこへ入ってて来たルスは社長のフルトンに直接談判を開始した。フィルはメリーの助力を得手、多勢の美人を雇い、自分の会社の製造した靴下をはかせて、美しい足を社長に見物させた。その中最も美しい足を持っていた美人は、何ぞ計らんルスであった。注文は首尾よくルスの手に落ちたが、フルトンの邸にルスが連れて行かれたのを知ったフィルは、二人の跡を追ってフルトン邸に乱入し下男と大格闘の末、家の中に入って見ると、フルトン夫妻は、ルスが死んだ我子にそっくりであるというので、大歓迎をしているところであった。フィルの真情はルスを動かした。所へブルウ・リボンとゴールド・ボンドの2社が合併して、フィルが販売部長に任命された旨の電報が来る。ルスとフィルとが結婚したのは、それから間もない事であった。...

作品データ

原題 Silk Legs
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi