極北恋の滑走
ホーム > 作品情報 > 映画「極北恋の滑走」
メニュー

極北恋の滑走

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ベッキー・ガーディナー氏、フレデリック・H・ブレナン氏合作の原作を、ハリー・ベーン氏とアンドリュー・ベニソン氏が共同で脚色し、チャールズ・クライン氏の監督したもの。主役は「恋愛行進曲」「店曝しの天使」のナンシー・キャロル嬢「明日の結婚」「トレント大事件」のローレンス・グレイ氏、「好いて好かれて」「恋人強奪」のジョセフィン・ダン嬢、その他マートル・ステッドマン嬢、アンダース・ランドルフ氏等が出演している。

ストーリー

ある汽船がアラスカの南部で氷に閉ざされ、そこで冬ごもりするの余儀なきに至った。その船には金満家の船主ジョセフ・ホーンと彼の我が侭娘エリスンと秘書役のロドニーの一行、女賭博師のバートン、旅回りの歌舞劇団のパール及相手役の男優などが乗って居た。ホーンは困り果てバッブと言う極地の毛皮商に頼んで橇を仕立てて貰いトーマス岬まで行くことに成った。ロドニーはパールを連れて行くと主張し、遂にホーン親娘、ロドニー、バートン、パール及び俳優の5人はバップの橇に乗って出発した。途中一行は荒涼たる原野の一軒家で一夜を明かしたが、バップは宵はアラスカ地方でも名うての悪漢で、その夜5人を残し食糧と銃器を奪って逃走した。食を断たれた5人は幾日かの後飢餓に直面した。醜い生に対する争闘が5人の間に起こり、ホーンは金で解決の出来ないものもあることを覚り、娘は父の勢力をもってしても危地を脱し得ぬのを知り、バートンは神の力も彼らを救を得ぬことを自覚した。パールとドロニーとは恋仲と成って居たが、その時救いの手が来て、その代償としてパールをバップの隠家へ送れと要求された。パールは死を決して出掛けたが、バップを殺して帰って来た。彼女は恋人ロドニーを連れて文明の世界へ帰って行く。...

作品データ

原題 The Sin Sister
製作年 1929年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi