曲馬団の名花
ホーム > 作品情報 > 映画「曲馬団の名花」
メニュー

曲馬団の名花

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「家庭の罪」「女性の力」等以来のエニッド・ベネット嬢主演劇で、前の数作品と同じくジェローム・ストーム氏の監督である。対手は今クリスチー喜劇の花形となっているアール・ロドネー氏で、その他喜劇女優のエセル・リン嬢や、性格俳優メルボーン・マクドウェル氏なども出演する。人情劇としてインス映画独特の味のある作品である。

ストーリー

世界一興行と名打って廻わるケー・ティー曲馬団の団長ナット・ケムプは娘ロキシーを一生獅子使いとして暮らさせるのに忍びず、彼女を女学校へ入れる。野の花のように成長したロキシーにとっては女学校生活は窮屈でもあり、また生徒等に爪弾きされ、なおさら昔の自由な生活が恋しくなった。しかしある日のことマージョリーという資産家の娘が狂犬に襲われたのを助けたのが縁となって、やがて上流社会に入る身となり、その上マージョリーの兄オーエンに恋さるるにいたったが、今まで秘め隠していた我身の素性を、恋人一家の前に曝さねばならぬ時が来た。しかし恋人の父は実は我が父と共に曲馬団の主の1人であることが判明し、茲に幸福なる結末を結ぶに至った。...

スタッフ

監督
脚色
ジュリエン・ジョセフソン
原作
Florence Vincent

作品データ

原題 The Biggest Show on Earth
製作年 1918年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi