狂乱怒涛
ホーム > 作品情報 > 映画「狂乱怒涛」
メニュー

狂乱怒涛

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジョン・フレミング・ウィルソンとメエリー・エイシュ・ミラーの共作を、ジョージ・ハイヴリーが脚色し、「争闘」「男対男(1922)」と同じくスチュアート・ペイトン氏が監督したもので、フランク・メイオが主演。「鷹の黒影」などに出演のシルヴィア・ブリーマーが相手役である。

ストーリー

ジャスパー・マースデンはある暴風雨の夜自分の持ち船が1隻のヨットに衝突して両方とも沈没したとき、エルシー・ヘイネスという美しい娘を救った。衝突の際鼻に負傷して醜い顔にはなったが、エルシーは彼と結婚した。それから数年は経ったがマースデンは妻が自分が醜い顔なので愛がないだろうと誤解し、全財産を彼女に残して自殺したように装って姿を隠し、名医に手術を依頼して醜かった顔をもとに返した。1年の後彼はジョン・モートンと名を変えて妻の近くに来る。フレッディー・ニーダムという男がエルシーに近づいていて彼女の財産欲しさに結婚しようとしているのを知り、ジョンはフレッディーを懲しめ、再びエルシーの愛を克ち得たのであった。...

作品データ

原題 The Man Who Married His Own Wife
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi