恐怖のサーカス
ホーム > 作品情報 > 映画「恐怖のサーカス」
メニュー

恐怖のサーカス

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「紅の翼(1954)」のロバート・フェローズが1954年に製作したシネマスコープ曲馬団物語。ポール・フィックス、フィリップ・マクドナルド、ジェームズ・エドワード・グラントの脚本から「ホンドー」のジェームズ・エドワード・グラントが監督した。撮影は「スプリングフィールド銃」のエドウィン・B・デュパー、音楽は「男の叫び」のエミール・ニューマンと「無宿者」のアーサー・ランジ。出演者はクライド・ビーティー自身、探偵小説家ミッキー・スピレーン自身、「ジュビリー街道」のパット・オブライエン、「放射能X」のシーン・マックローリー、新人マリアン・カー、ジョン・ブロムフィールドら。

ストーリー

殺人狂ダブリンが精神病院から脱走して、転轍手を絞殺したのち衣服をとりかえて進行して来る列車につきとばした。新聞は脱走者が轢殺されたと報道した。ダブリンはかつて勤めていたクライド・ビーティー大曲馬団に雇われた。サーカスは数週間都市から都市へと巡業を続けていたが、クライド団長は最近頻繁に起こる不快な事件に頭を悩ませ、ミッキー・スピレーンに入団を乞うた。しかし怪事件は後を絶たず、総支配人フランク・ウォレス(パット・オブライエン)以下一同は恐怖の日日を過ごしていた。この事件の張本人は道化師トウィッチーだったが、彼はダブリンから前科をばらすと脅迫されてやむなくサボをやっていたのだった。欠員のため、再びリング・マスターに返り咲いたダブリンは、空中曲芸の花形ヴァレリーに昔の関係を持ち出して言い寄り、ヴァレリーの相手役で夫であるアーマンドを殺せとトウィッチーに命令した。しかし計画が失敗し、スピレインと刑事ポール・ウィリアムスに見破られそうになったのでトウィッチーを水槽で殺してしまった。一座が次の街に移動するときスピレインはダブリンが犯人である証拠を握ったが、彼は列車から飛びおりて逃走した。そして深夜サーカスに舞い戻り、虎を放ってアーマンドを殺そうとしたが、逆に虎の餌食となってしまった。...

作品データ

原題 Ring of Fear
製作年 1954年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画会社

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi