凶電話
ホーム > 作品情報 > 映画「凶電話」
メニュー

凶電話

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アーサー・ソマーズエドワード・ロウ・ローチの原作「破壊点」The Breaking Pointを小エドワード・ロウが脚色し、「母呼ぶ声」やユ社の「野に咲く花」を監督したウェズリー・ラッグルズが監督したものである。アリス・レイクとアルバート・ロスコーの共演によった人情劇。

ストーリー

父母を失ったカスリーンとテリー・デキスターの姉弟は、収入の道がほとんどないに係わらず、依然として贅沢な暮らしを改めなかった。テリーは主人ジョン・グラナンの金2万ドルを賭博に費消し、穴埋めをせんと焦慮して不正なゲームをした末発見される。カスリーンは自分の所持品を担保に出して弟を救おうとしたが、主人のグラナンはテリーに金の有難味を知らすため、彼女の差出した金を受け取ろうとしない。テリーは投獄されることと軽信して恐しさのあまり自殺し果てる。カスリーンはグラナンを破産させて弟の復讐をしようとし、彼に恨みを含むジェームズ・トウァイフォードの紹介でグラナンの秘書として住み込む。グラナンはこれを知らず、カスリーンを恋して結婚を申し込み、彼女は復讐の手段としてこれを承諾する。そしてジェームズと一日駆け落ちをして夫を苦しめんとしたが、夫の寛大な心と、ジェームズの醜い心とは、彼女をして己が行いの誤りを悟らしめた。復讐の念慮雪の如く消え、純真の愛は彼女の頬に輝いたのである。...

作品データ

原題 Over the Wire
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi