鵞鳥を飼う女
ホーム > 作品情報 > 映画「鵞鳥を飼う女」
メニュー

鵞鳥を飼う女

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アメリカ文豪レックス・ビーチ氏の原作をメルヴィル・ブラウン氏が脚色し「信号塔」「燻ゆる情炎」等と同じくクラレンス・ブラウン氏が監督した。主役は「男子改造」等出演のルイズ・ドレッサー嬢と「天地も裂けよ」「奔流千里」主演のジャック・ビックフォード氏。「ニューヨークの暗黒面」出演のコンスタンス・ベネット嬢も主要な役を演じている。

ストーリー

オペラ唱手として人気のあったメリー・ホームズはジェラルドという子供を生んでから声が出なくなり、引退を余儀なくされたので我子を憎み、自暴酒に浸って、ただ一人人里離れた小屋に鵞鳥を飼って暮していた。成長したジェラルドは若い女優へイゼル・ウッズの愛を得ていた。ヘイゼルは金満家の劇場主から度々言寄られたがいつも風に柳と受流していた。ある日劇場主の死体が発見された。メリーはこの事件を利用し、自分の名を再び世人の記憶に甦らせようとして、自分がその殺人を目撃したと発表した。地方検事は彼女に望む通りの美しい衣服を興え、メリーの名は一躍世上に喧伝されたが、彼女は自分の出鱈目の陳述によって現在の我児ジェラルドが捕縛されたのを知り、彼女のうちに眠っていた母としての優しい心は呼び醒された。彼女は一切を告白し、劇場の楽屋番が真犯人である專が発見されてから、ジェラルドは改心した母や恋人へイゼルと楽しい生活に入ることが出来た。...

作品データ

原題 The Goose Woman
製作年 1925年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi