歓楽地獄(1923)
ホーム > 作品情報 > 映画「歓楽地獄(1923)」
メニュー

歓楽地獄(1923)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ブランシュ・アプライト女史原作の小説「満足の谷」に基づき、A・P・ヤンガー氏が脚色し、「狂乱の荒鷲」に続く、レジナルド・バーカー氏監督作品である。主役は「謎の良人」「パリの暗影」等出演のハントリー・ゴートン氏、「狂乱の荒鷲」のメアリー・アルデン嬢、「奔流恋を乗せて」「縺れ行く情火」等のノーマ・シアラー嬢等である。

ストーリー

ヒュー・ベントンは妻のマージョリーとの間にエリナーとホワードの二人の子供があり、貧しいながら幸福な生活を送っていた。十年苦心の末ヒューは遂に成功して、ニューヨークへ出て堂々たる邸宅へ住む身となったが、急に変った境遇の変化は、彼らの生活を根本的に変えてしまい、ヒューも子供達二人も共に華かな灯に憧れて家を外に歓楽を追っていた。一人母のマージョリーのみが寂しく家に残される夜が多かった。エリナーはジェラルディンという美しい未亡人に感化され、母と争うことが多かったが、父のヒューはジェラルディンに魅せられていた。エリナーはデムプルトンという若者に恋された。マージョリーは夫がジェラルディンに余り近づき過ぎるので、ジェラルディンを責めたが、ヒューは却つてこれを憤って離婚しようとした。その夜テムプルトンの邸で宴会が開かれ、エリナーが出席したが、ヒューもジェラルディンに誘われて出席し、娘がテムプルトンに挑まれている室へ飛込んで彼を斃した。急を聞いて馳けつけたマージョリーは夫と娘を快く許して我家へ帰る。テムプルトンは重傷でなかったためヒューは捕えられずに済み、一家は田舎へ帰って昔通りの平和な生活に入ることになった。...

作品データ

原題 Pleasure Mad
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi