からくり競馬大会
ホーム > 作品情報 > 映画「からくり競馬大会」
メニュー

からくり競馬大会

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ハリウッド征服」のバット・ベイタースンとハーバード・マンディンが、主演する映画で、ダッドリ・ニコルズとジョージ・マーシャルが書き下ろした物語を、「苦闘五十年」と同じくダッドリー・ニコルズとラマー・トロッティが共同脚色し、そして「踊るカレッジ」を監督したジェームズ・ティンリングが監督に当たり「恐怖の夜」のジョセフ・ヴァレンタインが撮影した。助演者は「成吉斬汗の仮面」のチャールズ・スターレット、「餓ゆるアメリカ」のゴードン・ウェストコット、「生ける人形」のジョージア・ケイン、セオドア・フォン・エルツ、スーザン・フレミング等である。

ストーリー

貧乏な馬車屋の親爺ハバード・ビッグルウェイドは英国エプソンダウンスのスウィーブ・ステーク競馬で一等が当たってたちまち成り金と成る。ハバートは感心な男で、タクシーの出現であごが干上がった馬車連中を救済する目的で一頭の騎兵馬を駿場セイパーであると騙されて買い込み、大金儲けをせんと姪のパットを伴い渡米する。彼に馬を売ったブローカーはアメリカにいる彼の仲間にハバートの残りの所持金を巻き上げるように打電する。姪のパットはふとしたことから自動車運転手スタン・ラッセルと懇ろとなる。一方ハバートは西も東も判らぬ大都会で例のギャングの美人局に引っ掛かって無一文になってしまう。こうなると彼の唯一の希望は駄馬と知らずに大切に持っているセイパーだけである。彼はダービーにセイパーを出場せしめようとするが、そこへ突如現れたのがその真物のセイパーの持ち主ボイシディクスター卿で、この事実をパットとスタンから聞いてハバートとにせのセイパーをいずれかへ隠し、競馬の当日真物のセイパーを出場させようとする。欲の皮の突っ張ったキャング一味は、反対の馬にハバートから巻き上げた金の全部を賭、真物のセイパー出場と知るや競馬の直前に是を売ってしまう。一方ハバートは偽セイパーに鞭を当て急ぎ競馬場に駆けつけ危うい所でスタートラインに飛び込む。競馬は開始され、最初は一番後ろであったセイパーはハバートの吹き鳴らす突撃ラッパの音を聞き、突如騎兵馬の本領を発揮し、やにわに勢を得、ついに一着の栄冠を獲得しついに失われた財はハバートに戻り一行は弱者救済基金を得て英国に帰ったのである。...

作品データ

原題 Call It Luck
製作年 1934年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi