火曜日ならベルギーよ
ホーム > 作品情報 > 映画「火曜日ならベルギーよ」
メニュー

火曜日ならベルギーよ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

デイヴィッド・ショー原作・脚色によるユーモラスな観光旅行もの。監督はTVで受賞したメル・スチュアート。撮影はヴィリス・ラテニークス、音楽はウォルター・シャーフ、編集はデイヴィッド・サクソンの担当。出演は「黒ひげ大旋風」のスザンヌ・プレシェット、TVで活躍のイアン・マクシェーン、名傍役ミルドレッド・ナットウィック、「卒業」のマーレイ・ハミルトン、「今宵限りの恋」のサンディ・バロン、「ハスラー」のマイケル・コンスタンティンなど。その他、豪華なスターたちが、ゲストとして顔を出すのも話題の1つ。

ストーリー

観光シーズンの開幕。人々の行先はヨーロッパ。ワールド・ウィンド旅行社がつのった18日間ヨーロッパ1周バスツァーには12人のアメリカ人が参加した。出発点のロンドンでは、肝心のバスが1時間遅れて現れた。ガイドのチャーリー(イアン・マクシェーン)の頬には口紅がべったり。それをやりこめた客がサマンサ・パーキンス(スザンヌ・プレシェット)。ミネアポリスのデパート勤めの27歳の美人。少壮重役ジョージと結婚する前の旅行だ。一行はいつもの通りの団体旅行客だった。アーマはいかれた金髪娘、GIのジャック・ハーモン(マイケル・コンスタンティン)未亡人のフリーダ(P・ブリトン)両親に連れられた16歳のシェリー。母は絵葉書を出すのに忙しく父親ファーガソン氏(マーレイ・ハミルトン)はこぼしてばかり。年はとっても気は若いジェニー・グランド(ミルドレッド・ナットウィック)など。アムステルダムで、シェリーはヒッピーのボーと知り合った。ベニスでは、チャーリーとサマンサのロマンスが生まれそうになった。旅行の終わり頃、この2人は愛を告白するまでになっていた。色々な珍談、奇談を生みながら、バスは旅行の終わりを迎えた。...

作品データ

原題 If It's Tuesday, This Must be Belgium
製作年 1969年
製作国 アメリカ
配給 ユナイト

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi