神を忘れたる町
ホーム > 作品情報 > 映画「神を忘れたる町」
メニュー

神を忘れたる町

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「雷鳴」「銀の翼」等と同じくポール・H・スローンが脚色し、「オーバー・ザ・ヒル」の監督をして有名なハリー・ミラードが監督をした。俳優では名の知られた人は1人も出ないが、バニー・グローアーとウォーレン・クレッチとが素晴らしい演技を見せるという。劇のクライマックスの大洪水が凄まじいとだいぶ評判になったものである。

ストーリー

1886年の頃リヴァーデールという小さい町には頑迷な偽善者が多く。神の教えを忘れることが多かった。町の大工イーベンは学校の女教師ベティ・ギブスを恋していたが、彼の心身は彼女に通らず、彼女は測量技師ハリー・アダムスの妻となって、2人の間にはデイヴィッドと男の子を設けた。その後程なくハリーは死んだので再び教鞭を取って生活費を得なければならなかった。町の子供たちの成績が悪く、デイヴィッドの成績が良いので、町の人々の反感を買い、町の学務委員の牧師は彼女を免職してしまう。苦しい生活の悩みから遂に彼女はこの世を去るので、幼いデイヴィッドは町の地主の家へ引き取られたが、地主は無情残酷の男で常にデイヴィッドを虐使していた。大暴風雨が起こってこの町全体が洪水に流されてしまったとき奇跡的にもデイヴィッドと大工のイーベンの2人が助かった。年経て成長したデイヴィッドは大に出世して故郷の町へ帰り、町民のために利益幸福を計ったのであった。...

作品データ

原題 The Town That Forgot God
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi