彼女の選びし道
ホーム > 作品情報 > 映画「彼女の選びし道」
メニュー

彼女の選びし道

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ユ社の新花形アン・コーンウォール嬢が第1回の特作映画で、「クロンダイクのカーメン」「懐かしのケンタッキー(1919)」その他に出演したエドワード・コクソン氏が共演しその他キャスリーン・オコンナー嬢、ダマール・ゴドウスキー嬢、クレアー・アンダースン嬢等の美しい女優が出演している。監督は新進のフィリップ・E・ローゼン氏。

ストーリー

飲んだくれの父、悪人の兄、剛情な姉……こう云う厭わしい呪われた空気に包まれた家に人と成ったヴァージニアは、父や兄姉に似ず生れながら心美しい娘であった。或日の事、何の考えも無い姉のローラはバーの唄女と成ると云って出て行った。残ったヴァージニアはある小説を読んで、正しい道を履んで生きんとすれば、先ず汚れた四圍の境遇を切り抜け、大なる忍耐を持って総べての誘惑に打ち克たなければならぬという章に至り、意を決して家を後に何処ともなく彷徨い出る。そして遂に女帽子問屋の女工となり、正直な所を店主パーカーに認められて取締りに昇進する。此処で彼女は偶然落魄した姉のローラを救う。姉妹楽しく暮している所へ、兄のフランクが訪ね来て、姉妹を賤業婦に売ろうとしたが、情あるパーカーの手に2人は救われ、やがてヴァージニアは彼と結婚する事になった。...

作品データ

原題 The Path She Chose
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi