金に飽かして
ホーム > 作品情報 > 映画「金に飽かして」
メニュー

金に飽かして

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ロバート・ヘリック氏作の小説「クラークの土地」に基づきジョン・ラッセル氏が脚色し、「蔓里一走」と同じくフランク・タトル氏が監督したもので、「天国の罪人」「アルゼンチン情話」等出演のビービー・ダニエルス嬢と「南海の孤島」「ローマの一夜」等出演のトム・ムーア氏とが主演し、ドロレス・キャッシネリ嬢、ウィリアム・パウエル氏等の腕利きが助演している。

ストーリー

ニューヨーク、ブルックリンの河岸に「クラークの土地」という空地があった。その所有者が明瞭でなかったために、裁判所もそれがピーター・クラークの土地であったというだけで、クラーク伯母さんの物か、シーマス・サリパンの物かが解らなかった。しかしクラーク伯母さんが死ぬと間もなく裁判所はその土地を叔父さんの姪のアディル・クラークの物としてしまった。貧乏人のアディルは一躍土地成金となり、某信託会社の後見で学校にはいり、月々莫大な金を仕送られて、ヨーロッパへ就学旅行に出掛けたが、行く先々で大変な贅沢をしたので、信託会社も遂にティム・サリバンをやって彼女に意見をさせた。ティムは彼女の愛人だったが、アディルは彼のいうことにも耳を傾けなかった。加えて、アディルは旅先でアルノルフォ・ダ・ペスチアというイタリアの貧乏華族と結婚したが、某男には既に内縁の子供さえあり、家庭は不幸だった。その後ピーター・クラークの遺書がオーハラという男に発見され、例の土地はティムの物ということが解ったが、偶偶ホテルの火事でアルノルフォが死亡したため、アディルは再び幼馴染みティムの手に厚く抱き上げらるる身と成った。...

スタッフ

監督
脚本
ジョン・ラッセル
原作
ロバート・ヘリック
撮影
J・ロイ・ハント

キャスト

作品データ

原題 Dangerous Money
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi