悲しき情歌
ホーム > 作品情報 > 映画「悲しき情歌」
メニュー

悲しき情歌

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「埋もれゆく黄金」「雷火落つる時」と同じくアラン・ドワン製作のメイフラワー映画で、ファースト・ナショナル社から発売された。原作はウィリアム・アレン・ホワイト作の「或る愚か者の心」で「雷火落つる時」とほとんど同じ役割をもって演じられている。

ストーリー

ハーヴェイという小さい町において、グラント・アダムスはネスビット医師の娘ローラを深く愛していた。この町の学校へ教師として来たマーガレットはローレライと人々から呼ばれる事を喜ぶような女であったが、ローラがグラントと争った後、巧みにグラントを誘惑した。かくてローラが都の学校から再びこの町へ帰って来た時には、グラントはローレライの生んだ子供の父親となっていた。我が子の不始末をグラントの母は身に引き受けて、その子を自分の子であると世間には披露したが、ローラの父たるネスビット医師はこの間の事情を知っていたので、娘とグラントとの恋を許さなかった。ローラは好色漢のヴァン・ドーンの妻となり、ローレライは弁護士ヘンリー・フェンと結婚する。しかるにヴァン・ドーンとローレライとが親しくしたので、2家庭は破壊されおのおの離婚してしまう。一方グラントは炭坑で働く事になったが、爆発の起こった際、グラントは傷ついてネスビット医師のもとへ運ばれ、家に帰っているローラに看病されて全快する。炭坑にストライキの起こった時、グラントの子供は殺され、ヴァン・ドーンはローレライに殺され、彼女もまた発狂する。死せる我が子の前でグラントはローラに全てを告白した。やがて2人の前に幸福が開けよう。...

作品データ

原題 In the Heart of a Fool
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi