怪物団 フリークス
ホーム > 作品情報 > 映画「怪物団 フリークス」
メニュー

怪物団 フリークス

解説

トッド・ロビンの原作から「アナベル情事」「狂へる銀翼」のレオン・ゴードン、「赤熱の抱擁」のウィリス・ゴールドベックが共同脚色及び台詞執筆、なおエドガー・アレン・ウルフ、アル・ボースバーグが台詞を付加し「ザンジバルの西」「魔人ドラキュラ」のトッド・ブラウニングが監督した映画で主なる主演者は「蜃気楼の女」のウォーレス・フォード、「脱走兵」「パリの魔人」のリーラ・ハイアムス、「腕はたしかか」のオルガ・バクラノヴァ、「チャンプ(1931)」のロスコー・エイツ、「大海の底」のヘンリー・ヴィクター、「三人」にも出たことのあるハリー・アールス、及びデイジー・アールスその他の奇形児などでカメラ担当は「青空狂騒曲」「運命の兄弟」のメリット・B・ガースタ ッドである。

ストーリー

フランスのテトラリニ夫人を団長とする曲馬団に働いている小人のハンスは同じく小人で女曲芸師のフリーダと婚約の仲であるが一座の美人クレオパトラの容色に迷わされて彼女を恋していた。しかし彼女は一座で大力無双を誇るハーキュルスと恋仲であった。クレオパトラはハンスの自分に対する態度に対して冷笑を以て迎えていたが彼が金持ちの叔父の莫大な財産を相続していることを知ってハーキュルスと共謀してハンスと結婚後、彼を毒殺して逃亡することを企てた。失恋のフリーダはフロソとヴィナスに自分の苦衷を訴えた。フロソはヴィナスと相愛の仲で一座の小人等に対し好意を寄せていたのでハンスのクレオパトラとの結婚に忠告を興へたにもかかわらずハンスはクレオパトラと結婚することになった。二人の結婚式後、祝宴が催され席上クレオパトラはハーキュルスと乱痴気騒ぎの挙句、ハンスを口を極めて侮辱した。ハンスは初めて女の真意を知って後悔したが他の連中は大い怒り、逃亡せんとするクレオパトラとはハーキュルスを捕まえて彼らと等しく曲馬団で見せ物にすることにした。この騒動が終わってから二組の結婚式があげられた。これはハンスとフリーダ、フロソとヴィナスの二組である。...

作品データ

原題 Freaks
製作年 1932年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi