海棠の悩み
ホーム > 作品情報 > 映画「海棠の悩み」
メニュー

海棠の悩み

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「赤道直下」等を書いたチャールズ・ローグ氏の原作を、ロイス・ゼルナー嬢が脚色し「王様万歳」「田園詩人」等と同じくヴィクター・シェルツィンゲル氏が監督したもので、キャサリン・マクドナルド嬢の主演相手は「フランス人形」等出演のオーヴィル・コルドウェル氏である。

ストーリー

ある小さい町にベティーとリーフという2人の娘があった。ベティーは家庭的で結婚したのに反しラーラは独立を志して都へ出てしまった。ベティーの結婚生活は想像したほご幸福ではなかった。それは夫が毎月の小遣いさえも満足にくれなかったからである。耐えきれずベティーは都のリーラの許へ走ったが、夫に迎えに来られてまた田舎へ帰った。6年の後2人の仲には男の子まで生まれたが、ベティーの夫ウォーレンは彼女の両親が5百ドルの金で破産しようしているのさえ救ってやらなかった。ウォーレンが自分の両親に贈った新しい自動車の試験中子供が大怪我をしたのでベティーはかつて都にいた時に知り合った外科の名医ドヴェロウ博士の許へ子供を連れて行った。博士の手術で子供の命は助かり、追ってきたウォーレンの誤解も解けて一家は新しい理解のうちに暮らす事になる。...

作品データ

原題 The Lonely Road
製作年 1923年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi