海底の陰謀
ホーム > 作品情報 > 映画「海底の陰謀」
メニュー

海底の陰謀

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「扉の泉」「水を潜って」等の監督者たるアーヴィン・V・ウィラット氏が得意の海上物として監督したホドキンスン映画でジョセフ・リンカーン氏の同名の小説をL・V・ジェファースン氏が脚色した。主役はユ社連続等で知られたジャック・ペリン氏である。

ストーリー

或る姉妹の老嬢に貰われたブラッドリーは老嬢の宿望に反し隣人ベエカーの祖母の持船の世話で其船の運転士となっていたが、祖母の代理人ジェームズが保険金目的で故意に船を沈没させ様としたのに反対したので船長と共に免職され、2人は潜水業を始めた。船が沈没した時、2人は保険会社の依頼で沈没の原因を確かめる事となったが、船主たる悪人ジェームズ側からも潜水夫としてブラッドリーの少年時代からの敵対者サムが潜る事となった。彼等の悪計に陥ってブラッドリーは海中で危険に陥ったが、船長に助けられた。サムは更にブラッドリー達の船に行き火災を起こさしめ様としたが、ブラッドリーは船に漕ぎつけ2人共危険が迫った。折りから老船主の孫娘オーガスタが来てブラッドリーを助け、兼ねてから恋仲であった2人は老祖母の了解を得て幸福な生活に入る事が出来たのである。...

キャスト

作品データ

原題 Partners of the Tide
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi