海底十六尋
ホーム > 作品情報 > 映画「海底十六尋」
メニュー

海底十六尋

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「幸運の悪魔」「熱血撮影隊」のクレイトン・チェニーが「餓鬼娘」「時計の殺人」のサリー・オニールと共に主演する映画で、エースタス・L・アダムス作の大衆小説をA・B・バリンジャーが改作し、ノーマン・ヒューストンが脚色し、「荒原の覇者」のアーマンド・シェーファーが監督に当り、「砂漠の遺産」のアーチー・スタウトが撮影している。助演者は「霧笛の波止場」のモーリス・ブラック、「海の荒鷲(1933)」のジョージ・レガス、ジャック・ケネディー、ロイド・イングレアム其他である。

ストーリー

快青年ジョーは町で一番の可愛い娘ロージーと恋仲であった。彼は想愛の彼女と結婚する為めに金が欲しかった。年に一度の海綿の市が立つのを幸い、彼は海綿を採取して来て一儲けしようと思い立った。そこでジョーは町の勢力家の金貸サヴァニスから三千弗を借りて、新造船「勇敢なロージー」を手に入れ、海綿採取に赴いた。ところが腹黒いサヴァニスは彼自身ロージーに横恋慕していたので、ジョーをあわよくば亡き者にするか、少くとも破産させる奸計を立てた。その為めに其の部下のニックを「勇敢なロージー」に乗組ませて、ジョーの邪魔をさせた。ジョーは希望に燃えながらも幾度となく襲って来る不運に海綿も思う様には採れなかった。一方ロージーはサヴァニスの奸計を知り、モーターボートを飛ばしてジョーの許にかくと急報に赴いた。その頃ジョーは漸くニックの邪魔が悪意のものである事を知り、ニックを彼の代りに潜水させていた。ところがニックは海綿採取中大鮫に襲われ、逃げようとして却って岩石の間に巻込まれて、死に直面した。ジョーは悪い男でも殺すに忍びず自らの生命を賭してニックを救いに跳込んで助けてやった。この恩に感じたニックは流石に自らを恥じて一切を告白して罪を謝した。サヴァニスは更に暴漢十数名を差向けて「勇敢なロージー」を襲撃させたが、ジョー等は乱闘の末撃退して了った。ロージーはジョーの為めに市場に急行して競売の時間の延期を乞うた。かくてジョーは良質の海綿を満載して帰り、巨利を獲る事が出来た。ジョーがロージーと相抱いて悦び合ったことは云うまでもなかろう。...

作品データ

原題 16 Fathoms Deep
製作年 1934年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi