女の名誉
ホーム > 作品情報 > 映画「女の名誉」
メニュー

女の名誉

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「サラアと其の子」「夫無き妻」に次ぐドロシー・アーズナーの監督作品で、原作及び脚色はオースティン・パーカーの筆になり台詞は同氏がガートルード・パーセルと共同であたった。主なる出演者は「踊り子夫人」「名門芸術」のフレドリック・マーチ、「恋愛四重奏」「屠殺者(1930)」のクローデット・コルベール、新進のモンロー・オーズリー、「喧嘩商会」「女は嘘つき」のチャールズ・ラグルズ、「三太郎大西洋横断」「喧嘩商会」のジンジャー・ロジャース等で、撮影は「名門芸術」「踊り子夫人」のジョージ・フォルシー担任。

ストーリー

ウォール街の実業家ジェリー・スタフォードは女秘書のジュリア・トレイナーを秘かに愛していたが、彼女は若い株式仲買人のフィリップ・クレイグと相思の仲だった。スタフォードはジュリアがクレイグと結婚したことを知って嫉妬のあまり彼女を解雇した。しかし新婚の2人がたちまち困るだろうと考え、クレイグに株の売買を依頼して儲けさせてやることにした。その後クレイグはジュリアには内緒で投機に手を出し始めた。彼は一獲千金を夢みて友人モンティー・ダンの忠告も聞かずに生糸相場の思惑をやったところ、その思惑が外れて損をしたためその穴埋めにスタフォードや他の人から預かっている金を流用してしまった。その尻がわれれば彼は委託金費消の罪を被らねばならない。この事を知ったジュリアはスタフォードに事情を打ち明けて助けを乞うたので彼はクレイグの急を救うために彼女に小切手を与えた。翌朝妻からこの小切手を示されたクレイグはてっきり彼女がスタフォードに貞操を売ったものと誤解し、厳しくこれを責めたてたので彼女は溜まらずにワシントンへ行ってしまった。スタフォードが妻を隠したと邪推したクレイグは血相を変えてその邸に乗り込みピストルを突きつけて威嚇中誤って発射しスタフォードを傷つけた。スタフォードは誤って自ら傷ついたと警官に説明したが、クレイグは警察へ拘引された。警察でクレイグはジュリアがかねてスタフォードに捨てられたのを恨んでの凶行だと陳述したので彼女は捕らえられて良人と対質させられた。彼女と2人限りになった時クレイグはいっさいを彼女に告白して助けを乞うたが、その告白はあらかじめ室内に装置してあった写音機に記録されたので真犯人はクレイグである事が判った。しかし公判の際スタフォードは被告に有利な証言をしたためクレイグは無罪放免となったが、彼の卑劣さに愛想をつかしたジュリアはクレイグと離婚し、真に彼女を愛するスタフォードと共にフランスへ旅行することになった。...

作品データ

原題 Honor Among Lovers
製作年 1931年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

或る夜の出来事[DVD] 或る夜の出来事[DVD] 或る夜の出来事[DVD] 或る夜の出来事[DVD]
或る夜の出来事[DVD] 或る夜の出来事[DVD] 或る夜の出来事[DVD] 或る夜の出来事[DVD]
発売日:2006年3月27日 最安価格: ¥514 発売日:2007年6月6日 最安価格: ¥2,467 発売日:2011年1月26日 最安価格: ¥1,221 発売日:2008年4月24日 最安価格: ¥827
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi