女の魅力
ホーム > 作品情報 > 映画「女の魅力」
メニュー

女の魅力

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「孔雀の路」に続いて発売されたメイ・マレイの主演劇で、原作及び脚本は「孔雀の路」の脚本をし、「激怒(1923)」の原作を書いたエドモンド・グールディングの手になった。監督は例によってマレイの夫ロバート・Z・レオナード。対手役として「鉄の爪」「嵐の孤児」等出演のクレイトン・ヘールや、新進のヴィンセント・コールマンが出演する。

ストーリー

スペイン人を父としアメリカ人を母として生れたドロレス・ド・リザは、常に華やかな生活を好んで家庭の人々の驚くのを却って愉快に思っていた。彼女の伯母は、スペインへ連れて行って自分の監督のもとに置けば、その性質も静かになると信じて、ドロレスを連れてスペインへ帰る。これに反抗してドロレスは何の気もなしにますます放縦な生活に踏み入っていき、カーリタという闘牛士と交わって遂には大きな過ちをしようとする危ない折がら、許婚に救われ、初めて今までの情熱燃えるがままの生活が過っている事を悟ったのである。...

作品データ

原題 Fascination
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi