女の道
ホーム > 作品情報 > 映画「女の道」
メニュー

女の道

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

昨年八月発売されたノーマ・タルマッジ嬢主演の人情劇で、対手は「笑みのたたり」「二週の後」等に出演したコンウェイ・タール氏。監督はメエ・マレイ嬢の夫君で、嬢の数多くの主演劇を監督をしたロバート・レオナード氏。原作はユージーン・ウォルター氏の“Nancy Lee”である。

ストーリー

ナンシー・リーの両親は、今は落魄して居るが、我が家筋を自慢にして彼女の恋人のアンソニー・ウィアーは金はあるが系図が新しいからとの理由から、娘との結婚を許さない。ウィアーは憤然旅に去った。ナンシーも不平満々、半ば自棄で紐育の放蕩者を夫としたが、彼は程なく借金丈けを残したまま死んで終った。其日の暮しにも事欠くナンシーは、昔の恋人ウィアーの甥ダグラスを、金持ちと信じて金を借りた。然しダクラスは彼女に金を貸す為に銀行の金を費消して居た。之を知ったウィアーは、彼女に向って昔の薄情を責め、甥が犯罪を犯したのは汝の罪だと罵るのであった。然しナンシーはダクラスは金があると信じて居た事とて、身に覚えなき濡衣である。遂にウィアーの眼の開く時が来た。彼はナンシーの行方を苦心して捜し、我が軽卒を詫びて彼女の許しを乞うた。...

作品データ

原題 The Way of a Woman
製作年 1919年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi