女になる迄
ホーム > 作品情報 > 映画「女になる迄」
メニュー

女になる迄

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ルイズ・クランシーの原作をウォーレス・クリフトンが脚色し、リー・コールマーが監督した人情劇で、主役は「灯台は燦めく」などが近頃紹介されたグレイディス・ウォルトンである。

ストーリー

クリスティーン・トレヴォアーは華やかに気侭に甘やかされて育った。あまりに可愛がり過ぎたと父が気がついた時はすでに遅かった。あまり我侭いっぱいなので小さな双子の弟妹も姉を好まない。クリスティーンはコートランドという金満家の息子と婚約を結び、人生は意のままの感があった。しかし暗礁は彼の前途に横わっていて、彼女の父の昔の恋敵ジョシュア・バートンのため父は破産して驚きのため死んでしまう。この境遇の激変は彼女にさまざまの教訓を与えた。そして我侭な彼女は本当に女らしい女となり、ポールという恋人を得ることができた。...

作品データ

原題 High Heels
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi