女相場ドル相場
ホーム > 作品情報 > 映画「女相場ドル相場」
メニュー

女相場ドル相場

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「五つの魂を持つ女」で特殊キャメラを担当し、「空の鍛冶屋」の原作を物したダッドリー・マーフィー氏が自ら原作を書きそして監督した映画である。主役を演ずるのは「キング・オブ・キングス(1927)」「オグレス」のジャクリーン・ローガン嬢であるが、それを助けて「恋愛行進曲」のリチャード「スキーツ」ギャラハー氏、「狂言成金」のガートルード・アスター嬢、「土曜日の乙女」のアルバート・コンティ氏、等が出演している。キャメラ担当は「指紋名探偵」「ギャング・ワー」と同じくヴァージル・ミラー氏。

ストーリー

パッシーはあるブローカーに雇われているほら吹きのトム・グリーンと熱烈な恋仲であった。そして2人で結婚して新居を持つ前の準備にとセッセと家具類を買い込んでいた。が、パッシーの友達のゴルディはそなトムみたいな貧乏人を対手としないでもっとブロードウェイで金を撒きちらしているお父っぁんたちを対手にしろとパッシーに言いきかせるのであった。そしてゴルディは彼女をトムの主人パワースに紹介した。パッシーは翌日になってトムが解雇されたのを知りパワースと近づきになったことをトムに内密にして置いた。その晩、パッシーもゴルディもナイトクラブでパワースやその他の銀行家が催した集会に出席した。その席上、パッシーは商売上の機密を盗み聞きした。で、彼女はトムには己が策略とは知らさず彼をただある有力な人物の代理人と思い込ませそして株式会社で活躍させた。それはトムをして成功させた。が、それと共にトムをして更に鼻を高くさせた。で、彼はナイトクラブでパッシーがパワースと同席しているのを見た時に、パッシーを金銭目当てのあばずれ女だと罵った。こうお天狗になられては困るのでパッシーはパワースと計って彼を懲しめた。その上、トムは彼が扱っている金というのは実はパッシーたちのティップを集めたものに外ならぬことをもゴルディによって知った。トムはそこでパッシーに謝って許しを乞うた。一方、その間にゴルディはパワースと首尾よく結婚した。...

作品データ

原題 Stocks and Blondes
製作年 1928年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi