愚かなる世
ホーム > 作品情報 > 映画「愚かなる世」
メニュー

愚かなる世

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジェーン・グローガンの原作をルイズ・スティーヴンスが脚色し、フランク・ビールが監督した人情劇で、フォックス社の主役になったヴィヴィアン・リッチの第2回作品である。「人の價値」などに出演したフィロ・マッカローと、新顔のアーロン・エドワーズが相手である。

ストーリー

実業家ラウール・ブレアーは事業に没頭して妻ヘレンを顧なかったのでヘレンは不満に耐えなかったが、遊蕩児のデューク・トレメインが彼女の心の空虚につけ込んで甘言を用いて近づいた時、彼女はその誘いの甘さに酔った。社会にこれが知れ渡った時、さすがのラウールも妻に対する信頼を失い、一時夫妻は別居することになるが、トレメインが受けるべき天の制裁でヘレンは夫の誤解をとくことを得て、夫妻の仲は覆水盆に返ることになる...

作品データ

原題 A World of Folly
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi