俺は名選手
ホーム > 作品情報 > 映画「俺は名選手」
メニュー

俺は名選手

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「俺は渡り鳥」「俺は曲芸師」と同じくカール・デーンとジョージ・K・アーサーの共演映画で、原作はペタースン・マゾーニ、それをアール・ボールドウィンとリュウ・リプトンとが共同で脚本を執筆し、「俺は渡り鳥」「ホリウッド・レビュー」のチャールズ・F・ライズナーが監督した。助演者は「野球王」「恋のデパート」のジーン・アーサーをはじめリチャード・カーライル、エドワード・コネリーなどである。

ストーリー

大男のオスカーが守衛をしているある刑務所にジェリーという小男の囚人がいた。ジェリーは典獄の娘ドロシーと仲良しだったが、オスカーはドロシーを恋していたので2人の仲が気にくわなかった。オすカーはジェリーを苦しめようとしてラグビー・チームに加える。ところが器用なジェリーはたちまちチームのスターになってしまったので、オスカーは憤慨して彼を放免してしまう。来るべき大試合に彼を出したくなかったのである。休暇にドライヴとしゃれたオスカーがスピード違反で警官に捕らえられる。そして、入れられたのが敵チームの刑務所ですぐチームに加えられたオスカーは味方のチームと試合をしなければならなくなる。ジェリーはドロシーに会いたいばかりに故意に罪を侵すが、なかなか刑務所に入れてもらえない。待ちきれずに彼は刑務所乱入を企てる。やっと刑務所に戻ったジェリーは望みどおりチームに入れたが、敵のチームにオスカーがいるので、サインを見破られる心配がある。ジェリーは敵の刑務所に忍び込んで敵のサインを盗み、晴れの大試合に大功をたてる。その後、ジェリーとドロシーとの恋の実は結んだのであった。...

作品データ

原題 Brotherly Love
製作年 1928年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi