俺は新兵
ホーム > 作品情報 > 映画「俺は新兵」
メニュー

俺は新兵

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ビッグ・バレード」「紅唇百万ドル」等出演のカール・ディン氏と「踊る英雄」「女房いぬ間に」等出演のジョージ・ケイ・アーサー氏との2人を主役とした映画で、バイロン・モーガン氏が原作並びに撮影台本を物し、「青春の喜び」「誉れの一蹴」等と同じくサム・ウッド氏が監督した。相手役は「足で蹴る恋」「我れ若し王者なりせば」出演のマーセリン・デイ嬢とユニヴァーサルにいたルイズ・ロレイン嬢との2人で、トム・オブライエン氏も出演している。

ストーリー

ある軍事訓練所の近くに踊り場を兼ねた料亭がある。グレッグはこのところの男踊手で、女踊り子のゼラと仲好しである。ある日軍曹ディグスがやってきてゼラに戯れたことからディグスとグレッグと啀み合うこととなったが、小男のグレッグには勝目がなかった。折しも、訓練所の行列の日、グレッグは消防ホースで悪戯して、首尾よくディグスに一杯喰わしてやったが、お蔭で行列は散々になる。その罪でグレッグは捕まえられて、裁判の結果、30日間の訓練所の勤務を宣告された。さて、訓練所に入ることとなったが、グレッグはことなく軍曹ディグスのために食い違い、味気ない生活を送らねばならぬ身の上となった。しかし、彼にも一つの慰めがないではなかった。訓練所の近くに住んでいるベティという娘が彼に何かと好意を見せてくれるからであった。で、グレッグとベティとの仲が段々と好況を示してきているところに、急に女踊子のゼラがやってきて、2人の気持ちを乱してしまう。これを見て、ディグスは、好機逸ず可からずとなし、一意ベティに取り入ることを務めた。が、そうした日も過ぎて、2人がいよいよ訓練所を退く時がやってきた。そのお別れとして盛大な余興会が催された。その時、ベティは所長に勧められて、ディグスと一緒に軽気球に乗った。ところが中空にくると、突然その綱が切れて軽気球は大空高く飛び去って行く。かくと見たグレッグは勇躍して、飛行機に乗じ、流れ行く気球を追い更に気球に飛び移り、落下傘を利用して、見事、ベティとディグスとを救った。...

作品データ

原題 Rokkies
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi