お呼びの時間
ホーム > 作品情報 > 映画「お呼びの時間」
メニュー

お呼びの時間

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

サムナー・アーサー・ロングの原作を、彼自らが脚色し「ナイスガイ・ニューヨーク」のバッド・ヨーキンが監督したホームドラマ。撮影は「卑怯者の勲章」のフィリップ・ラスロップ。音楽はデイヴィッド・ローズ。出演は「ビッグトレイル(1965)」のジム・ハットン、「パームスプリングの休日」のコニー・スティーヴンス、「サーカスの世界」のロイド・ノーラン、ほかにテレビで活躍中のジェーン・ワイアットなど。製作はノーマン・レア。

ストーリー

白髪がめっきり目立つ年頃になっているハリー(ポール・フォード)は、マサチューセッツのカルバータウンで製材会社を営んでいた。彼には1人娘のケイト(コニー・スティーヴンス)と、その娘婿チャーリー(ジム・ハットン)がいたが、このチャーリーはとびきりの慌てもので、ハリーも仕事を任せたくても任せることができず、やきもきした毎日を送っていた。今日も今日とて、隣に住んでいる市長のクレインがやってきて、チャーリーに、長年の懸案だったフットボール競技場の建設に使う材木を、一切ハリーの会社にまかせるというのだ。チャーリーは熱狂してよろこんだが、ハリーにはクレインの底意がみえすいていた。近く始る市長選のために、ハリーに恩を着せて、手強いライバルである彼を出馬させないためなのだ。が、そんなある日、友人の医師キャンブローのもとに健康診断にいったハリーの妻エディスは、自分が妊娠していることを知った。びっくりしたのはハリーだが、迷惑をこうむったのはチャーリーとケイトだ。ケイトは仕事をやらなくなったエディスのしわよせで、一日中てんてこ舞いのいそがしさ。チャーリーは、自分たちに子供ができないことをケイトにつつかれあげくに毎夜子供を欲しいあまりのケイトのコーゲキにへとへと。ついにがまんできなくなったチャーリーはケイトと大喧嘩をして家を出てしまい、ハリーも、妻の面倒をみるのが面倒になり、怒ったエディスは書置を残して家を出てしまった。あわてたハリーは、とるものもとりあえずエディスを追ってボストンに向かった。久しぶりの旅行気分を味ったエディスはやっとハリーを許した。折も折、チャーリーからの電話で、ハリーが選挙に出馬しないことを知ったクレインが、正式に競技場の仕事をハリーの会社に落札したことを知った。ハリーの顔にはじめて、娘婿チャーリーに対する信頼の色がうかんだ。...

作品データ

原題 Never Too Late
製作年 1965年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi