親分はお人よし
ホーム > 作品情報 > 映画「親分はお人よし」
メニュー

親分はお人よし

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「夜毎の八時に」「何が彼をそうさせたか」のジョージ・ラフトと「小公子」のドロレス・コステロ・バリモアが主演する映画で、ウィリアム・R・リップマンとウィリアム・H・ライトとが共作し、イヴ・グリーン、ハーラン・ウェーア、フィリップ・マクドナルドの3氏が協力脚色し、「さらば海軍兵学校」「恋のナポリ」のアレクサンダー・ホールが監督に当たり、「忘れられた顔(1936)」のテオドル・スパークールが撮影したもの。助演者は「海は桃色」のアイダ・ルピーノ、「マンハッタン夜話」のレジナルド・オーウェン、「一対二」のジェームズ・グリースン、「南瓜おやじ」のリン・オヴァーマン、エドガー・ケネディ、スキーツ・ギャラガー等である。

ストーリー

ジョニイ・ラムはマイアミで賭博場を経営していた。ある日ルシル・サットンしいう上流の娘が賭博しにきたが、彼女は無一文だった。それに同情したジョニイは彼女の宏壮な邸を買取り、ルシルに歩合を払って高級賭博場にした。それが社交界の人気を博し大繁盛だった。ルシルと一緒に暮らすうちにジョニイは彼女を恋するようになった。ジョニイの3人の子分、サラトガ、ビカーボネート及びハニイサックルは親分が社交界の女に逆上せているのを苦々しく思い、ある計画を立てた。そして、ガート・マロイという金持ち蕩らしの女を社交界令嬢に仕立ててジョニイに紹介した。ガートは「字引」マッキニイというインチキ師を伯父のカーステーアス大佐という名目で連れて来た。ところがジョニイはこの計画に乗りすぎ、ガートに惚れ込み、マッキニイに大金を巻き上げられた。ルシルはガート等の素性をすぐ見破ったが、ジョニイの心を傷つけるに忍びず、黙って身を引く決心をした。ジョニイはガートの悪企みを知り、やがて子分達の計画も知った。怒っている彼を慰め、子分達をとりなしたのはルシルだった。こうしてすべてが円満に解決した。非表 L0008...

作品データ

原題 Yours For the Asking
製作年 1936年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi