思い出の道
ホーム > 作品情報 > 映画「思い出の道」
メニュー

思い出の道

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ドロシー・ハウエル女史作の物語によって「負けじ魂」等と同じくエドワード・エッチ・グリフィス氏が監督したもので、主役は「女房いぬ間に」「偽りの警報」等出演のドロシー・レヴイアー嬢と「恋は異なもの」「花嫁歓迎」等出演のマルコーム・マツグレゴア氏が演じ、ウィリアム・ヴイ・モング氏、グスタフ・フオン・セイフエルテイツ氏等が助演している。

ストーリー

無実の罪で無期徒刑に処せられたダニエル・ホイトは15年刑期をつとめた後死期が近づいた故を以て釈放された。彼に唯一の慰めは姪のカロリン・マックレーンの成長を見ることだった。彼女は彼が死んだと思っているので、よそながら彼女の姿をみてから療養所に行こうとホイトは顧問弁護士ベネットに伴われて我が家へ赴いた。その日カロリンを愛しているトニー・フイールデイングが彼女に求婚しに来ていた。彼女はそれを納得した。そして己が部屋へ来てホイトの姿を満て泥棒と思い違えた。ベネットは事実を彼女に告げた。彼女は始めて伯父が自殺した友人を殺したと誤審されて無期徒刑に処せられたこと、その処刑には彼女の恋人トニーの父たるフイールデイング判事が常時出世欲に駆られた若い検事でホイト有罪を主張したことが与って力あったこと、を知った。一方トニーは父の判事に許嫁の姓名を告げると、懲役人の姪などを決して嫁にはさせないと言った。するとトニーは自由結婚をすると宣言したので怒った判事はホイト邸に赴いて婚約を姪に破棄させねばまた刑務所へ遣るぞと脅迫した。それを立ち聞きしたカロリンは伯父のために自らトニーを訪問して婚約を破棄した。ホイトは姪の結婚を成就させるためと、状況証拠のみを以て断罪することの危険を判事に教えるために一策を案じた。彼は医学生たるトニーに頭痛薬を求めにやり、買って戻った時密にトニーのポケットに用意の毒薬の小箱を入れた。そして彼は頭痛薬を棄てても一つの毒薬の小箱の毒薬を飲んで自殺した。その前に彼は判事宛に自分は自殺したのでトニーは無罪だと告白した手紙を認めて置いた。ところがその手紙が判事邸の女中の過失で暖炉の灰となったので、トニーは状況証拠によりホイト毒殺犯人として死刑を宣告された。しかし死刑の前夜狂人のようになったカロリンは偶然秘密金庫を発見して例の告白状の写しを手に入れた。かくてトニーは無罪となり、判事の迷夢も醒めて息子とカロリンとの結婚を許した。...

作品データ

原題 The Price of Honor
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi