想出懐かし
ホーム > 作品情報 > 映画「想出懐かし」
メニュー

想出懐かし

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「売られて行く魂」等と同じくルパート・ヒューズの原作、脚色、監督になった映画で「小公子」「幸福の宮殿」等出演のクロード・ギリングウォーター、「我が恋せし乙女」のパッシー・ルス・ミラー、「若人よ永遠に」のカレン・ランディス等の主演である。

ストーリー

小さい町に百貨店を営んでいるグラウト老人は貧乏から身を起こし、今日の財産を作った奮闘家であるが、家族の人々は贅沢に日を送って、いくら老人が働いても、追い付かないほど金がいた。末娘のマップは店の番頭スミスと恋仲であった、が老人を除く家族の一同はこれに反対していた。その中、とうとう老人が過労のために重病となる。初めて家族のものたちは老人に済まないことをしていたと悟り、心をこめて看護に尽くす。老人の回復後、一家は和気に満ち、マップとスミスの恋も許される。...

作品データ

原題 Remembrance
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi