踊る姉妹
ホーム > 作品情報 > 映画「踊る姉妹」
メニュー

踊る姉妹

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ハワード・ウォーレン・カムストックの舞台劇から「愉快な武士道」のウィリアム・コンセルマンが脚色し台詞を付し、シーモア・フェリックスが監督した映画で、出演者の顔ぶれは「山猫酒場」のルイズ・ドレッサー、「バッド・ガール」のミナ・ゴンベル、「忘れじの面影(1930)」のジョビナ・ハウランド、「アナベル情事」の老ウィリアム・コリアー、スタンリー・スミス、バーバラ・ウィークス。キャメラは「怪探偵張氏」のジョージ・シュナイダーマンが担当である。

ストーリー

ラムゼイ夫人はいまでこそ夫のハーバートとニューヨークのロング・アイランドに邸宅を構え娘ノーマと豪奢な生活をしているが、その昔は茶番狂言の女役者なのである。そしていつかは名流婦人になりたいと願う彼女にとってこのような経歴を持っていることは頭痛の種であった。そこで彼女は自分の過去を知られまいとあらゆる苦心を凝らしていた。娘のノーマにはジャック・カールトンという歌い手の恋人が会ったが、母親がそんなわけなので反対されることを恐れ内緒にしていた。そのうちレオナード大使の発案で家畜愛護家の慈善演劇が催されることになり日頃機会を狙っていたラムゼイ夫人はこの時とばかり一肌ぬぐことになった。さて慈善演劇会は彼女の邸内で行われることにきまった。当日になると契約していた芸人たちが到着したが、その中にはノーマの恋人ジャックも交じっていた。他に来たのは演劇の朗読者として有名なチャトォース・リンド夫人、ロジー・ラマーの2人である。ところが驚いたことにこの二人の女芸人はその昔ラムゼイ夫人が舞台に出ていた頃の仲間であった。リンドとラーもびっくりしたがラムゼイ夫人の驚き方はそれ所でない。顔を合わせるやトタンに気絶したほどである。そのうちに客もつめかけて来たため見世物も幕を上げることになった。当日の呼び物は大使の筆による「国際連盟」という踊りだったが、いよいよそれが始まると、喜劇味たっぷりの異様の風体をしたリンドとラマーの2人が飛び出して折角の舞踏を目茶苦茶にしてしまった。女客の中には恐れをなして悲鳴をあげる者さえあったが男客は大喜びだった。しかし気の毒なことにこの騒ぎの結果、ラムゼイ夫人の素性が知れ社交界から排斥の決議が下されようとした。ついでにラマーのパトロンがラムゼイであることも発覚してしまう。しかし大使の斡旋によってさしもの紛争も解決し、ノーマとジャックの結婚も許されてめでたく日が暮れたのである。...

作品データ

原題 Stepping Sisters
製作年 1931年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi