踊子サリー
ホーム > 作品情報 > 映画「踊子サリー」
メニュー

踊子サリー

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

原作はガイ・ボルトン氏作のミュージカル・コメディーでニューヨークでジーグフェルドが長期興行をなして当てたものである。ジューン・メイシス女史が脚色したものを「小公子」「滑稽ホリウッド」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督した。主役は「愛の救援列車」「青春に浴して」等出演のコリーン・ムーア嬢で「ロスト・ワールド」及び「嫉妬の創痕」等出演のロイド・ヒューズ氏が相手役を演じ、ジーグフェルド一座で大当たりを取ったレオン・エロール氏が同じく公爵の役を演じ、その他エヴァ・ノヴァク嬢、マートル・テッドマン嬢等が助演。

ストーリー

育児院の炊事場で働いて育ったサリーは院の後援者貴婦人の甥ブレア・ファーカーと知り合ってロマンスを味わった。落ちぶれた舞姫の家に寄食することになってから家計の一助にもとサリーは舞姫になろうとしたが雇い手がないので小さなカフェの皿洗いとなった。給仕として働いているロシアのチェカーゴヴィニア公爵とサリーは親友になった。そして再びブレアと邂ごうし、やがてカフェーの余興場で踊ることになった。俳優周旋業のフーバーはそれを見てブレアの義父や叔母の宴会で替玉になって踊る事を頼まれて大成功を博したが、カフェーの主人が替玉である事を暴露した。サリーは憤りと恥じとでまた落ちぶれ舞姫の許へ帰った。フーバーはサリーを探しに来てジーグフェルドが彼女に契約する旨を伝えた。ブロードウエイ出演は大成功を収めた。ブレアとサリー、ブレアと叔母と公爵、の二組みの結婚式が挙げられたのはそれから間もなくのことであった。...

キャスト

作品データ

原題 Sally
製作年 1925年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi