踊り子をめぐりて
ホーム > 作品情報 > 映画「踊り子をめぐりて」
メニュー

踊り子をめぐりて

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

マーク・エドモンド氏の原作を「猿は語る」「ネヴァタ男」のゴードン・リグビー氏が脚色し、名犬リン・ティン・ティン映画の監督者であったレイ・エンライト氏が監督したものである。「南海の白影」「太平洋横断」のモルト・ブルー氏、「ウィリー・リバー」「ストリート・ガール」「紐育の波止場」のベティー・カンプソン嬢共演映画で、「シンギング・フール」で発見された天才子役デヴィー・リー少年、「愛の曳綱」のアリス・デイ嬢、「サンダーボルト(1929)」のタリー・マーシャル氏等が助演し、他にジョン・デーブィッドスン氏、ジョーヂ・ストーン氏などが出演している。撮影は「ノアの箱船」バーネー・マッギル氏。

ストーリー

ジョー・デーリーは暗黒街の首領として幅を利かしている物凄い容貌の男であるが、踊り子サディー・ロジャースと結婚してから正道に立ち返ろうとする。だがサディーは虚栄心の強い女で、元よりジョーの金を目当てに結婚したのであるから、ジョーの改心を快からず思い、ジョーと対立していた悪漢ブラッキーと計り、ジョーが地方検事カールソン宛てに返却しようとした盗品を中途で奪い、警察に密告してジョーを獄屋に送る。ジョーはカールソンに計られたものと信じ獄中に復讐を誓うが、ジョーの出獄の日が近づくので、サディーはジョーを亡き者にしようとそて獄を訪れ、破獄を勧め、カールソン殺害を促す。サディーを信じていたジョーは彼女のいう通りに脱獄するが、重傷を負ってしまう。有名な外科医ランドンの娘エルザに救われ、ランドンの病院に運ばれるが、手術の結果ジョーは生まれ変わったような容貌になる。体の回復を待って彼はカールソンの邸を襲うが、カールソンからサディーの行状を利き、また実証を握ったので、ジョーは容貌の変化を利用して何食わぬ顔をしてサディーを訪ねる。フラッキーとサディーはジョーとは知らずに人も無げに振る舞う。その時、ジョーの愛犬が彼の姿を見て喜び跳ねる。ジョーは不用意に犬を呼ぶので、招待を見破られる。ジョーと悪漢等の間に物凄い逃走が起こるが、結局ブラッキーとサディーは敗れる。ジョーの無罪が立証され、彼は退院の時の約束を守って、正道に入る為にエルザ・ランドンの所へ帰って行く。...

作品データ

原題 Skin Deep
製作年 1929年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi