乙女の危険期
ホーム > 作品情報 > 映画「乙女の危険期」
メニュー

乙女の危険期

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

パラナ・ウィン女史原作の「アンは馬鹿娘」“Ann' an Idiot”に基づきルイス・マイルストーン氏が脚色し、「名家の秘密」「騒擾の巷」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したもの。主役は「燃ゆる情火」「バタフライ」等出演のローラ・ラフランド嬢で、対手は「尖塔の声」等出演のユージー・オブライエン氏である。

ストーリー

アン・チャーチは英国をあとに両親の住むインドボンベイに来たが、無邪気な彼女は陸軍少佐アントニー・セイマーの雄々しい姿に心牽かれ、彼がかつて我が母ミュリエルとのロマンスを知らず乙女心の一筋に想いつめて、少佐の愛を得んものと彼女は今までのこどもらしい風采を捨ててフラッパーらしく装った。やがて彼女は母と少佐との関係を知って幻滅の悲しみに泣いたが、それも程なく何事もなく過ぎ、二人の強い恋が凱歌を挙げた。...

作品データ

原題 Dangerous Innocence
製作年 1925年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi