男の忘れる女
ホーム > 作品情報 > 映画「男の忘れる女」
メニュー

男の忘れる女

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「七真珠」等で紹介されたきり、久しくその姿に接し得なかったモリー・キング嬢のアメリカン・シネマ社に移ってからの作品で、聯合映画劇場組合から発売になった。原作者はエレイン・スターン女史で、ジョン・M・スタール氏の監督である。嬢の相手は新顔のエドワード・ラングフォード氏とルシー・フォックス嬢である。

ストーリー

メリーはロバート・グラアムと結婚して幸福な日を送っていたが、一日学校友達のヘレンが訪ねて来てからは、夫の愛は次第に彼女を去ってヘレンに傾いて行った。ついに絶望の淵に突き落されたメリーは、身重もの体を友人ジェームズ・リヴィングストンの叔母の許に寄せた。ここで彼女は身2つとなるが、幼児の生まれたことは夫には内密にしていた。それは彼女の夫は何日かは彼女の腕に帰って来る。それも子供に対する義務の観念からでなく、自分に対する愛情を甦らせて帰って来ると信じていたからである。そして種々の波乱の後に、彼女の夫に対する動かし難い真の愛が勝利を得る日が来た。...

キャスト

作品データ

原題 Women Men Forget
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi