叔父さん征伐
ホーム > 作品情報 > 映画「叔父さん征伐」
メニュー

叔父さん征伐

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジョン・ハバートン氏の原作をホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏とが脚色し「名家の秘密」「厄介娘」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したもので、主役は「淋しき灯台守」「名家の秘密」等主演のベイビー・ペギー・モンゴメリー嬢で「女性礼讚」「二人頑固親爺」等出演のエドワード・エヴァレット・ホートン氏を始めクララ・ボウ嬢、リチャード・タッカー氏等が共演している。

ストーリー

「育児法」という書を著してハリー・バントンは名を挙げたが彼は独身者で出版屋に頼まれて本は書いたが育児には全然無経験な男であった。彼の姉ヘレンは夫との間に2児をもうけハリーの著書によって子供を養育していたが偶々ハリーが姉の家を訪れて来たので、姉夫婦は彼に1児を託して旅行に出掛けた。ハリーは大変な役目を背負い込み、悪戯盛りの子供達のために散々な憂き目を見た。「育児法」の著者に預けた子供達はどんなに良い子になったかと思って帰って来た両親は子供が鉄道線路に遊んでいるのを発見して仰天した。子供の行衛を見失って死んだものと思い込んで帰宅したハリーは無事な子供達の顔を見てホッと安堵した。...

作品データ

原題 Helen's Babies
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi