オクラホマ巨人
ホーム > 作品情報 > 映画「オクラホマ巨人」
メニュー

オクラホマ巨人

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

オクラホマの油田地帯を舞台に、石油採掘に命を賭ける3人の男と女、敵対する大資本家の争いを描く。製作、監督は「動物と子供たちの詩」のスタンリー・クレイマー、脚本は新人のマーク・ノーマン、撮影はロバート・サーティス、音楽はヘンリー・マンシーニ、編集はフォルマー・ブラングステッドが各々担当。出演はジョージ・C・スコット、フェイ・ダナウェイ、ジョン・ミルズ、ジャック・バランス、ウィリアム・ラッキング、ハーヴェイ・ジェイソンなど。

ストーリー

1913年、オクラホマ。広大な油田地帯にはやぐらが数多く組まれ、盛んに石油採掘が行なわれていた。林立するやぐらから少し離れた丘に、リナ(フェイ・ダナウェイ)のやぐらが立っていた。ある日、この丘に1人の男が近づいてきた。男はリナの父クリオン(ジョン・ミルズ)だったが、彼女はクリオンにライフルを浴びせた。ひとり娘を放り出して行方不明になっていた父をリナは憎んでいたのだ。数日後、クリオンは流れ者の労働者メイス(ジョージ・C・スコット)を雇い、リナが眠っている間に丘に忍び寄った。リナはメイスを使うことはしぶしぶ認めたがクリオンは受け入れなかった。その晩、リナの油田を狙う大石油会社のバン・オクラホマの顧問ヘルマン(ジャック・バランス)が部下を従えやってきて、リナ、メイス、手伝いのジムの3人を無理矢理、バン・オクラホマの事務所に連れ込んだ。ヘルマンはリナに採掘権を譲渡するように迫ったが、リナは頑固に拒否したため、手ひどい暴行を加え去っていった。そのためにジムは死んだ。メイスはクリオンに助けられたものの、丘はバン・オクラホマに支配され、近寄ることもできなかった。リナは裁判所に訴えたが、そこもバン・オクラホマに支配されていた。こうなれば武力で丘を取り戻すしかない。3人は手榴弾を馬車に詰め込み、激しい戦いの末、ようやく丘を取り戻した。数日後の夜、油井から突然ガスが噴き出し、燃え上がった。ガスはすぐ燃えつきたが、パイプをつるケーブルが切れてしまった。修理のためにクリオンがやぐらに登った。その彼を丘の下からバン・オクラホマの連中がライフルで狙いをつける。ケーブルを通し終わったとき、クリオンは胸を打ち抜かれ、やぐらの上から落下した。父を憎んでいたリナだが、悲しみがどっとおしよせてきた。彼が死んだ夜、メイスとリナは愛を確認し合った。翌朝、轟音とともに噴水のように油が噴き上げた。ついに石油が出たのだ。黒い雨の中でメイスとリナは狂喜にふるえていた。丘の下からはバン・オクラホマも含めた多くの石油業者が石油を買う契約を取ろうと殺到した。この騒ぎの中で突然、噴出が止まってしまった。カラ吹きだったのだ。もうこの油井からは一滴の石油も出てこない。人々は嘲笑とともに去っていった。...

作品データ

原題 Oklahoma Crude
製作年 1973年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第31回 ゴールデングローブ賞(1974年)

ノミネート
最優秀主題歌賞 “Send a Little Love My Way”
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi