おかしな気持
ホーム > 作品情報 > 映画「おかしな気持」
メニュー

おかしな気持

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「花は贈らないで!」のノーマン・バラシュとキャロル・ムーアのストーリーを、デイヴィッド・R・シュワルツが脚色、「渚のデイト」のリチャード・ソープが監督した青春コメディ。撮影はクリフォード・スタイン、音楽はボビー・ダーリンが担当した。出演は「電話にご用心」のコンビ、ボビー・ダーリンとサンドラ・ディー、「雨に唄えば」のドナルド・オコナー、「フロリダ万才」のニタ・タルボットほか。製作はハリー・ケラー。

ストーリー

女優志願のジョーン(サンドラ・ディー)とオードリー(ニタ・タルボット)は、通い掃除婦のアルバイトをしている。アルバイト先の優雅なアパートの持ち主トム(ボビー・ダーリン)とはいつもすれ違いなので、お互いに顔を知らない。ある日トムは出張することになり、置き手紙をして出かけた。留守をいいことにジョーンたちは、無断でトムのアパートで生活を始めた。ところがトムの出張は急にとりやめになり、彼は偶然の機会からジョーンと街で知りあった。互いに好意をもち、彼が送っていくと、そこは自分の家なのでびっくり。抗議する元気もなく、その日は社長宅に泊めてもらった。折りから社長宅は離婚訴訟の真っ最中。トムから話をきいた社長は、妻に奪われまいと、彼に預けた名画のことが気がかりで内偵するよう命令する。一方ジョーンは、トムの家とはつゆ知らず、女性の部屋らしく模様変えしてトムを食事に招待した。彼女が買物に出た時、トムは部屋の中から掃除服を発見、彼女の正体を見破った。そしてジョーンも偶然の機会から彼の正体を知ったが、同時に、彼の女友達のことも知ってしまった。何食わぬ顔で交際を続けるトムに腹を立てたジョーンは、奇想天外なパーティを計画、復讐のつもりで彼と社長を招待した。社長は絵を探すとそそくさと帰ったが、パーティの騒ぎを勘違いした警官が踏みこみ全員警察車に乗せられるはめとなった。車の中で、トムはジョーンに、ずっとあのアパートに住む気はないかと、暗に求婚するのだった。...

作品データ

原題 That Funny Feeling
製作年 1965年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第23回 ゴールデングローブ賞(1966年)

ノミネート
最優秀主題歌賞 “That Funny Feeling”

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi