大空の地獄
ホーム > 作品情報 > 映画「大空の地獄」
メニュー

大空の地獄

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「歓呼の嵐」「流れる青空」のワーナー・バクスターが主演する映画で、ハーマン・ロスマン作の舞台劇「名飛行士」に基づいて「快走艇」のバイロン・モーガンがデッド・パーソンスと共同脚色し「裏切る唇」「狂乱の上海」のジョン・G・ブライストーンが監督に当たり、「勝利の朝」「不思議の国のアリス(1933)」のバート・グレノンが撮影した。助演者は「「武道一代」のコンチタ・モンテネグロ、「かたみの傑作」のラッセル・ハーディー、「真夜中の処女」のアンディ・デヴァイン、「これぞ幸運」のハーバート・マンディン、「ますらを」のラルフ・モーガン、ウィリアム・ステリング、ヴィンス・バーネットその他である。

ストーリー

西部戦線で空中戦が火花を散らしていた頃である。アメリカ人のスチーヴ・ワーナーはフランスのラファイエット飛行隊附将校として戦線に立った。彼と一緒に来たのは彼の上官たるドゥーラージュ大尉とロオジェー中尉とハートリー少尉とデーヴィス軍曹の面々であった。彼らが戦線に到着すると「男爵」と呼ばれているドイツの名飛行昇降クルト・フォン・ハーゲン男爵から手紙が来た。それは歓迎の辞と葬送の辞とを兼ねたものだった。ワーナー中尉はこの侮辱を怒って直ちに飛行しようとしたが、ドゥラージュ大尉が行くというので思い止まる。その翌日大尉は「男爵」に射落とされた。今や隊長となったワーナー中尉はドュラージュ大尉の讐を報いる事を誓った。隊員はイエメというフランス娘に一様に思慕の情を捧げたが、ワーナー中尉だけは露骨な態度を示さなかった。そのためにエイメは却ってワーナー中尉に好意を寄せる様になった。そのうちにまた補充隊が来たがその中でも若年のメイ伍長は炎に包まれて生きながら火葬になるのが怖いと告白した。それは隊員全部の恐怖だった。そして「男爵」に対する恐怖はいつかワーナー中尉の夢枕を襲うにいたった。それを慰めるのはエイメの優しい愛情のみであった。ついに中尉は「男爵」と決戦して敵を射落とした。その功によって8日間の休暇を許されたのでエイメと結婚する事になる。ところが射落とされたのは「男爵」の飛行機で「男爵」は休暇中のため乗っていない事が判った。そして男爵からはワーナー中尉に挑戦状が来た。中尉は空へ舞い上がった。激しい一騎討ちが続いた。ところが機関銃が故障を起こしたので中尉は死を決して男爵機にぶつかった。2機は共に墜落したが、落ちた箇所はフランス軍陣地だったので男爵は捕虜となった。重傷を負った2勇士は包帯を体全体に巻きながら握手してお互いの勇敢さを賞し合うのであった。...

作品データ

原題 Hell in the Heavens
製作年 1934年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi