狼の唄
ホーム > 作品情報 > 映画「狼の唄」
メニュー

狼の唄

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「肉体の道」「フラ」「アビーの白薔薇」の監督ヴィクター・フレミング氏が監督した発声映画でレッド・プック誌に連載されたハーヴェイ・ファーガスン氏作の小説を「希望の船」「暗黒街の女(1928)」のジョン・ファーロウ氏と「青春狂想曲」のキーン・タムスン氏が脚色したもの。主演者は「空行かば」「店曝しの天使」のゲィリー・クーパー氏と「ガウチョウ」「心の歌」のルーペ・ヴェレス嬢で、「暴力団(1928)」「テムペスト(1928)」のルイス・ウォルハイム氏が共演するほか、コンスタンチン・ロマノフ氏、ミカエル・ヴァヴィッチ氏、アン・プロディー嬢が出演している。カメラマンは「青春狂想曲」のアレン・G・シーグラー氏である。

ストーリー

1840年の春ロッキー山脈から3人の猟夫が出てきた。1人をガリオン、1人をサッチャー、もう1人の若い男をサム・ラッシュといった。彼ら3人は3年ほど前セント・ルイスのある酒場で肝胆相照す友となり、常に苦楽をともにしながら、ロッキーの山奥にわけ入って野獣の毛皮をはぎ、ラバに積んで町へ売りに出るのが仕事だった。ある時彼らはメキシコ領のタオスという町へ出たが、サムはその夜舞踏会ではからずもこの町の勢力家サヲサアルの令嬢ローラと知り合い、恋し合い、その夜のうちに彼はローラを連れて町を立退き、米国領のフォート・ベントへ逃げて行って、そこで結婚をして新世帯を持った。しかし家を持っては見たものの、放浪癖がすっかり心に食い込んでいるサムはガリオンとサッチャーが山へ帰るのを見送っては、じっとして居られず、袖ひき止める新妻の手を振り切って友達のあとを追った。ところが今度はローラの幻影がいつまでも彼の脳裡を去らず悶え抜いた揚句、遂にまた山をすてて引返すことにした。途中彼はインディアンに襲われたりして命からがらフォート・ベントへ帰って見ると、ローラは最早父親に連れられて故郷タオスへ去っていた。サムは再びタオスへ赴き、九死に一生を得て再びローラの腕に抱かれることが出来た。...

作品データ

原題 Wolf Song
製作年 1929年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi