王さまの剣
ホーム > 作品情報 > 映画「王さまの剣」
メニュー

王さまの剣

劇場公開日

解説

T・H・ホワイトの「石の中の剣」をフランク・トーマス、ミルト・カール、オリー・ジョンストン、ジョン・ラウンズベリーがアニメーション化した冒険マンガドラマ。演出はウォルフガング・ライザーマン、音楽はジョージ・ブランス、美術はケン・アンダーソン、ストーリーはビル・ピートがそれぞれ担当した。後に邦題が「王様の剣」と変更された。

ストーリー

王の後継者を決めるため神様が教会の庭にある大きな石の上におかれた鉄の台もろとも剣でさし通し、その剣を抜いた者が王である、と決めた。多勢の人がその剣を引き抜こうとしたが、剣はびくともしなかった。その頃、森の奥の1軒家にマーリンという魔法使いのじいさんがアルキメデスという気むづかしやのフクロウとすんでいた。爺さんは、偉い人になる少年が訪ねて来ると信じていた。2キロほど離れた森の中でワートという少年が殿様の息子のケイのお供で狩をしていたが、迷ってマーリンの屋根を破って落ちてきた。早速マーリンはワートに色々教えてやることにした。それにはエクターの殿様の許可がいる。ある日、正月に馬上槍試合が催され、その優勝者が王になるという知らせがあり、ケイも練習次第で王になれる、と殿様を喜ばせた。ワートは殿様の許可を得て魔法を習いはじめたが、失敗をくり返してばかりいた。でも鳥や魚、リスにまで化けることを覚えた。一方騎士になったケイは試合に行くことになり、ワートがその家来としてロンドンに行くことになった。当日。ワートはケイの剣を宿屋に忘れてしまい、とりに帰ったが鍵が閉まって入れない。途方にくれて教会の庭にさしかかり、石にささった剣を抜いて試合場に駆けつけた。驚いたのは殿様。今まで誰もが抜くことのできないものだったのだ。衆目の前で、再び、抜いてみせたとき、国中の観衆は歓声をあげた。ワートはアーサー王と称されるようになった。...

スタッフ

総監督
監督
ウォルフガング・ライザーマン
脚本
ビル・ピート
原作
T・H・ホワイト
製作
ウォルト・ディズニー
ロイ・O・ディズニー
レイアウト
Don Griffith
バジル・デビドビッチ
バンス・ゲリー
シルビア・コブ
デイル・バーンハート
ホーマー・ジョナス
作画監督
フランク・トーマス
オリー・ジョンストン
ミルト・カール
ジョン・ラウンズベリー
撮影
ボブ・ブロートン
美術監督
ケン・アンダーソン
背景
ウォルト・ペレゴイ
Bill Layne
アル・デンプスター
アンソニー・リッツォ
Ralph Hulett
フィル・モットーラ
音楽
ジョージ・ブランス
録音
ロバート・O・クック
ミキサー
イブリン・ケネディ
音響監修
C・O・スライフィールド
編集
ドナルド・ホーリデイ
オーケストラ指揮
フランクリン・マークス
製作担当者
ハリー・タイトル
エフェクト原画
Dan MacManus
Jack Boyd
ジャック・バックリィ
原画
エリック・ラーソン
ハル・キング
エリック・クレウォース
クリフ・ノードバーグ
John Sibley
ハル・アンブロ
ディック・ルーカス
動画
ドン・ブルース
フロイド・ノーマン
ドース・A・ランファー

キャスト(出演(声))

作品データ

原題 The Sword in the Stone
製作年 1962年
製作国 アメリカ
配給 ウォルト・ディズニー・プロ
上映時間 75分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi