冤罪(1924)
ホーム > 作品情報 > 映画「冤罪(1924)」
メニュー

冤罪(1924)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

パルマー映画社の「嵐の判決」に続く第2回作品で、ハロルド・シューメイト原作、デル・アンドリュースとジュリア・ラモースが脚色し、「女は曲者」「唖も語る」等と同じくウィリアム・A・サイターが監督した。主役は「山河轟く」「忘れられし妻」のマッジ・ベラミー、「結婚愛」「ローナ・ドゥーン」等のジョン・ボワーズの2人である。

ストーリー

ハッティーは叔母の虐待に耐えかねて都へ出て富豪ヴァン・ゴアー家の下女となったが、息子のスペンサーに恋され、彼のヨットの上で結婚式を挙げた。しかしそれが法律上正当なものでないと知って彼女は逃れる。2年の後赤児を抱え職に離れた彼女は、赤児可愛さからスペンサーの妻と名乗って彼の家へ来た。彼女はスペンサーが死んだと聞いたからであったが、ほどなく彼が帰って来た。しかし火災の時スペンサーは死亡し、彼女はグラントの妻となる。...

キャスト

作品データ

原題 The White Sin
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi