栄光の星の下に
ホーム > 作品情報 > 映画「栄光の星の下に」
メニュー

栄光の星の下に

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「スピード王(1950)」のクラーク・ゲーブルと「ショウ・ボート(1951)」のエヴァ・ガードナーが主演する西部活劇1951年作品で、製作は「ママの新婚旅行」のZ・ウェイン・グリフィン。「ウィンチェスター銃'73」のボーデン・チェイスが自らの雑誌連載小説を脚色、「落日の決闘」のハワード・エスタブルックが潤色、「ドン・ファンの冒険」のヴィンセント・シャーマンが監督する。撮影は「スピード王」のハロルド・ロッソン、音楽はデイヴィッド・バットルフの担当である。ゲーブル、ガードナーの他、「オール・ザ・キングスメン」のブロデリック・クロフォード、「白昼の決闘」のライオネル・バリモア、「蛇の穴」のビューラ・ボンディ、以下エド・ベグリー、ジェームズ・バーク、ウィリアム・ファーナムらが共演。

ストーリー

1845年、テキサスはまだ合衆国に合併されず独立した共和国で、対外的にはメキシコ勢力の侵入に脅かされ、対内的には合併を主張する一派と独立を主張する一派とが対立していた。前大統領アンドルー・ジャクスン(ライオネル・バリモア)は牧場主ドヴェロウ・バーク(クラーク・ゲイブル)に、合併派に加わり、危険なコマンチ族地区にいる独立派の志士ハウストンを捜し出して彼の意志を変えさせるよう依頼した。バークはテキサス共和国の有力者であり合併反対者であるトム・クレイドン(ブロデリック・クロフォード)と知り合い、クレイドンの許婚で女記者をやっているマーサ・ロンダ(エヴァ・ガードナー)とも知り合った。独立派はメキシコと条約を結んでその力を借りて合併を退けようとしていた。バークはハウストンを見つけ出し、ハウストンが議会に出席するまで合併に関する討議をおくらすよう要請する手紙をもらった。帰途バークはクレイドン一派の待ち伏せにあったが無事切り抜け、首都オースティンについてみると、議会はメキシコとの条約をまさに可決しようとしているところだった。ハウストンの手紙は波乱を巻き起こし、マーサもあらわれてハウストンの手紙は偽りだとバークを非難した。だがクレイドンの口からバークの本当の行動を知ったマーサは、新聞にハウストンが合併を支持していると報道した。クレイドン一派とバークの部下の間に戦いが始まり、そのとき期せずして現われたハウストンをクレイドンは殺そうとしたが、バークがこれを妨害し、クレイドンをノック・アウトした。ハウストンの説得で議会は合併を決議したが、それはメキシコに対する宣戦でもあった。ハウストンは軍隊を率いて戦線に向かった。軍隊にはバークもクレイドンも加わっていた。マーサはバークの帰りを待っていると約束したのだった。...

作品データ

原題 Lone Star
製作年 1951年
製作国 アメリカ
配給 MGM日本支社

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi