ヴァンレンシア
ホーム > 作品情報 > 映画「ヴァンレンシア」
メニュー

ヴァンレンシア

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「白百合の嘆き」「ピーター大帝」等を作ったディミトリー・ブコウエツキー氏の監督作品で、氏自らがアリス・D・G・ミラー女史と協力して書卸したストーリーを、ミラー女史が映画向きに改作脚色したものである。主役は「メリー・ウイドー(1925)」主演のメイ・マレイ嬢で、それを助けて「彼とお姫様」のロイド・ヒューズ氏と「メリー・ウイドー(1925)」「ラ・ボエーム」のトイ・ダルシー氏とが主演するほか、マイケル・ヴィサロフ氏、等も出ている。

ストーリー

ドン・フェルナドはバルセロナの新総督として赴任し、市民の歓迎に入京した。その様を見に集まった群集の警戒の任に当たる一人に水兵フェリペが居た。その時、フェリペは警護を破ったヴァレンシアという娘と争いを始めたが、娘の美しさに打たれたフェルナンドは、フェリベを苦しめ、娘を許してやった。その後、町の祭に、ヴァレンシアは露店商人を欺し、追われて逃げる途中、計らずフェリベに突当たり、咄嗟の機転に彼に支払いをさせて姿をくらました。愛しくもあり、また癪にもさわりで、フェリベは彼女の跡をつけた。そしてヴァレンシアがあるサーカス団で巡業している事を知った。ヴァレンシアの美しさに心を動かしたフェルナンドは興行が終わってから、自分の許に来てくれる様に彼女に伝い送る。が、彼女がその招きに応じてフェルナンドを訪れる途中、ふいに現れてフェリベは無理に彼女を己れの部屋に連れて行った。その夜、若いふたりは直ちに恋仲となり、翌日は結婚して、この港を出帆する約束まで成立した。しかし、フェルナンドの招待を受けたヴァレンシアは華美と名誉とに心を惹かれ、フェリベの失望を跡にしてその招きに応じた。そしてその歓待に見も心もとろけ切り、フェルナンドの誘いの手に今や彼女が落ち様としている折柄、鳴り渡る汽笛は、フェリベの出帆をつげるのであった。初めて我に返ってヴァレンシアは港に駆けつけフェリベを求めたが、既に船は出帆した後であった。悲嘆に暮れて彼女は己が住居に帰ると、そこに思いがけなくフェリベの姿を見出した。その時、ヴァレンシアの跡を追って来たのはフェルナンドであった。そしてフェリベと彼との間に争が起こった。フェルナンドが警察を読んだので、フェリベはまずその場を逃れた。が、数日後、フェルナンドは彼女の愛に惹かされて戻って来たフェリベを捕らえ得、彼を獄に投じた。フェルナンドの意に従えばフェリベを逃すというのでヴァレンシアは心ならずもフェルナンドの籠を受ける事になったが、その楽しまぬ姿を見て業を煮したフェルナンドは彼女を追い返した。そして船上に再会し得たヴァレンシアとフェリベとは幸せであった。一方、フェルナンドは他に新しい女を求めて心の鬱さを晴らしたのであった。...

作品データ

原題 Valencia
製作年 1926年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi